このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
愛欲

愛欲

A 長編映画 by Jean Grémillon

Produced by UFA - Babelsberg Film, L'Alliance Cinématographique Européenne (ACE)

Release in France : 15/09/1937

    あらすじ

    植民地軍の下士官ルシアンは伊達なガキ大将でキュール・ダムール(口説や)とアダナされていた。ある日彼のところへ、従妹が急死してその遺産一万フ ランがころがり込む、その金を取りにカンヌの町へ来てマドレーヌと言う女に会う。その女に惚れ込んだ彼はまずナイトクラブで勝負に負けた女に一万フランを 投出してしまう。自信満々の彼が一緒に帰宅しようとするが彼女はうっちゃりをわし、おまけに戸に鍵を掛けてしまう。に関しては自信のあった彼は始めて女に うっちゃりを喰いおまけに金まで巻き上げられてしまうが、これ以来女を忘れることが出来ず、除隊するや彼女と再会を思う心で一杯であった。パリ、伊達でお 洒落な軍服をすてたルシアンは印刷屋の職人となって、マドレーヌをさがし求めるのだった。やがてその再会の日が来て、彼女は若きルシアンの情にひかれ彼の 女となったが、浮気なマドレーヌはぜい沢とお洒落に身をやつして彼を卑屈へ追込むのでルシアンはこれを悩み彼女を断念しようと決心する。ある日彼は二度目 のうっちゃりを喰いその為ルシアンの生活は目茶目茶になってしまう。そしてなつかしい昔の面影を慕って姿を現わしたのはオランジュの街の酒場であった。そ こで偶然戦友であったルネにあい自分の心をぶちまける。彼はルネからマドレーヌが最近ここへ来ることを聞き、旅の気粉れにルネをもて遊ぼうとしていること を知って驚き忠告するがルネはマドレーヌへの夢を捨てる事が出来なかった。家へ帰ったルシアンはそこにマドレーヌがいるのに驚く。彼女は彼にパリへいって 生活しようと話をもちかけたがもはやだまされる彼ではなかった。すると彼女はルネと一緒になると言いだす。自分許りか親友まで卑屈へ追込もうとする女の魔 性に怒ったルシアンは思わず女の首をしめつけ女は「生かしてくれ、助けてくれ」と叫びつつ息を引取ってしまう。憐れな運命を持つルシアンを人目をさけてマ ルセーヌ行きの列車に乗せて逃がしてやるルネの目に涙が光っていた。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (25)

    映画製作・配給会社 (3)

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (8)

    Assistant directors :

    Roger Blanc, Louis Daquin

    プロデューサー :

    Raoul Ploquin

    フォトディレクター :

    Gunther Rittau

    装飾 :

    Hermann Asmus

    せりふ作者 :

    Charles Spaak

    シナリオライター :

    Charles Spaak

    編集担当 :

    Jean Grémillon

    作曲家 :

    Lothar Brühne

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ロマンス, 人生ドラマ

    テーマ :

    戦争

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    ドイツ, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    50%フランス (ドイツ, フランス)

    製作年 :

    1937

    フランス公開 :

    15/09/1937

    上映時間 :

    1 時間 34 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    4222

    ビザ発行日 :

    20/05/1948

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル

    Posters (2)

    監督

    映画祭でのセレクション