このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
獣人

獣人

A 長編映画 by Jean Renoir

Produced by Paris Film Production

Release in France : 21/12/1938

  • Contents

俳優 (20)

映画製作・配給会社 (3)

製作代表 :

Paris Film Production

フランス国内配給 :

Lux Compagnie Cinématographique de France

Film exports/foreign sales :

Lumière International

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

 冒頭、ゾラの原作の前書き部分が彼の署名と写真と共に出て、主人公の機関士ジャック・ルッチエ(ギャバン)の先天的な精神の病--それは祖父や父から受 け継いだ血である--を説明する。自分の意志ではどうすることもできない突然の暴力の衝動。彼はその発病を恐れて、故郷に残した恋人フロールとの結婚も諦 めている。ル・アーヴルに近い車両区で愛車の整備を待つ三日の間、養母やフロールと旧交を温め、戻る途中のジャックは、助役ルボーとその妻セヴリーヌ(シ モン)を車中に見かける。ジャックは、彼らが養父である富豪グランモランを殺した事を知ったが、セヴリーヌの妖しい美しさに魅かれたため口外しない。セヴ リーヌは殺人の共犯となった以上、夫の脅迫を受け続け、やがては殺されるだろうからと、夫の殺害をジャックに持ちかける。晦日の寮内ダンス・パーティの 晩。ルボーを殺す覚悟の二人は踊りの輪を抜け出し、彼女の部屋へ。そして、抱き合ったその時、彼の内にあの衝動が甦った。側にあったナイフを手にし、セヴ リーヌを刺し殺してしまったジャックは、翌朝、乗車予定の汽車に乗りこむが……。その最期のダイナミックな驀進のイメージ。そして、水の匂い漂う官能的な ラブ・シーン(激しく降る雨が樋を伝ってバケツを溢れさす象徴的なショットがある)等々。C・ルノワールのカメラも際立った美しい。凄惨な殺人シーンに甘 美な宴の歌声が被さる巨匠の演出は、何度観ても戦慄が走る素晴らしさだ。

Source : allcinema.net

Subject

Jean Gabin wanted to star in a film about locomotives and wrote a screenplay called Train d'Enfer, that was originally to be directed by Jean Grémillon. Dissatisfied with the script, Grémillon suggested an adaptation of La Bête humaine. After his success starring in Renoir's Grand Illusion (1937), Gabin preferred to work with Jean Renoir again, and hired him instead of Grémillon. Renoir eventually wrote the script over a period of eight to fifteen days. After its completion, Renoir read the screenplay to Gabin's producer Robert Hakim, who asked for "trifling modifications".

Renoir confessed that at the time when he wrote the screenplay, he had not read Zola's novel in over 25 years: "While I was shooting, I kept modifying the scenario, bringing it closer to Zola ... the dialogue which I gave Simone Simon is almost entirely copied from Zola's text. Since I was working at top speed, I'd re-read a few pages of Zola every night, to make sure I wasn't overlooking anything."

Filming commenced on August 12, 1938, with exteriors on the Gare Saint-Lazare and at Le Havre. Due to running time restrictions, Renoir had to omit several celebrated occurrences from the novel.

Source : Wikipedia.

クレジットタイトル詳細 (12)

Assistant directors :

Suzanne De Troeye, Claude Renoir

Producers :

Raymond Hakim, Robert Hakim

フォトディレクター :

Curt Courant

撮影技師アシスタント :

Claude Renoir, Alain Renoir

スクリプト :

Suzanne De Troeye

美術装飾 :

Eugène Lourie

原作者 :

Émile Zola

シナリオライター :

Jean Renoir

録音技師 :

Robert Teisseire

Editors :

Suzanne De Troeye, Marguerite Houllé-Renoir

作曲家 :

Joseph Kosma

スチールマン :

Sam Levin

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

ドラマ

言語 :

フランス語

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス

製作年 :

1938

フランス公開 :

21/12/1938

上映時間 :

1 時間 40 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

789

ビザ発行日 :

31/08/1940

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

白黒

画面セット :

1.37

Audio format :

モノラル