このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
狂恋

狂恋

A 長編映画 by Georges Lacombe

Produced by Alcina

Release in France : 18/12/1946

    あらすじ

    フ ランスの地方によくある小都市の一つクレールヴァルであったことである。第二次大戦の起る前、一九三五年ごろだった。この町で小鳥屋の店を開いているブラ ンシュ・フェランという後家さんがあった。男好きのする美人の彼女はある晩レスリングを見物に行ってマルタン・ルウマニャックと知合った。マルタンは石工 からたたきあげた建築請負師で、姉のジャンヌと二人暮しの独身男だ。ブランシュは三年前にオーストラリアから来た世なれた女だが男らしい職人気質のマルタ ンに好意を持った。マルタンは夢中になった。彼女にしゃれた家を建ててやった。買い物にパリまで一緒に行った。田舎者の彼には都の夜の歓楽はむしろ苦手で あった。クレールヴァルに帰ると、マルタンは早く結婚したいと思ったが、思いがけずブランシュの友達であった領事が現れた。この金持の紳士は妻が死んだの でやもめのブランシュを訪ねて来たのであった。姪に寄食している怠け者のブランシュ伯父は、マルタンよりも領事と姪が結婚することを望んだ。二人の男をは かりにかけてブランシュは迷った。マルタンはしっとに燃えた。そして領事をののしった。領事はパリへ去った。うわさ好きの田舎のうるささにいや気がさし て、ブランシュもパリへ行こうとした。領事の後を追って行くのだと誤解して、しっとに狂ったマルタンは怒り猛って無我夢中で女を絞め殺してしまった。我に 返ると女の息は絶えていた。ちょうど昼食時で、知人にも会わず、帰宅した、彼は姉にすべてを告白した。弟が死刑になっては困るのでジャンヌはアルバイを 作ってやった。郵便配達夫の姿を見た彼女は、時計の針を一時間もどし、マルタンを食卓につかせ、昼食している様を装って郵便屋を迎えた。ブランシュ殺しの 公判が開かれ、マルタンは被告席に座ったが、姉と郵便屋との証言は覆すことの出来ないアリバイであった。その上、ブランシュ伯父は、めいが愛していた男は 領事でなくマルタンであったから、マルタンには彼女を殺す動機はないと証言したので、マルタンは無罪放免となった。しかし伯父の言葉はマルタンには晴天の へきれきであった。自分だけを愛してくれた女をわが手で殺すとは。彼はぼう然自失して被告席に座って看守に促されて、ようやく立上った。その様を空の明く ほど見つめている若い男が傍聴席にいた。かねてブランシュに片恋をしていた青年である。その夜ジャンヌは弟の友達の誰彼を招んで祝の席を設けた。しかし 人々の祝の言葉もマルタンの耳には入らなかった。酒宴の席に加わろうともせず、彼は己の部屋にとじこもって物思いにふけった。ふと外を見ると納屋の影に青 ざめた若い男の顔が浮んでいた。マルタンはたちまち悟った。彼は消していた電燈をつけ、煙草をくわえて、窓に大きな背中をもたせかかった。銃声二声、マル タンは床に倒れた。その唇のあたりには微笑が浮んでいた

    Source : movie.walkerplus.com

    俳優 (39)

    映画製作・配給会社 (3)

    Film exports/foreign sales :

    Cinexport

    クレジットタイトル詳細 (14)

    製作代表 :

    Paul-Edmond Decharme

    Adapters/dialogue writers :

    Pierre Very, Georges Lacombe

    シナリオライター :

    Pierre Very

    録音技師 :

    Jean Putel

    撮影技師 :

    René Ribault

    Editor :

    Germaine Artus

    作曲家 :

    Marcel Mirouze, Gianni Fusco

    監督補佐 :

    Raymond Lamy

    原作者 :

    Pierre-René Wolf

    フォトディレクター :

    Roger Hubert

    撮影技師アシスタント :

    Adolphe Charlet

    Production managers :

    Marc Le Pelletier, Lucien Pinoteau

    装飾 :

    Georges Wakhevitch

    演出助手 :

    Jean-Marie Loutrel

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1946

    フランス公開 :

    18/12/1946

    上映時間 :

    1 時間 55 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    4121

    ビザ発行日 :

    06/11/1946

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル