このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
かごの中の子供たち

かごの中の子供たち

A 長編映画 by Jean-Claude Brisseau

Produced by Les Films du Losange

Release in France : 01/06/1988

  • Contents

俳優 (12)

映画製作・配給会社 (3)

製作代表 :

Les Films du Losange

フランス国内配給 :

Les Films du Losange

Film exports/foreign sales :

Les Films du Losange

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (4)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

パリ郊外の集合住宅に移っ てきた14才の少年、ブルーノ(ヴァンサン・ガスプリッシュ)の目に映る周囲の現実は非常に息苦しいものだった。荒れ果てたスラム、いつも不在の母。かわ りに彼を慰めるものといったら時折幻想の中に訪れる優しげな女のイメージぐらいだった。地区の学校でブルーノは不良少年のジャン・ロジェ(フランソワ・ネ グレ)と知り合う。暴力だけを頼りにわがもの顔に闊歩するジャン・ロジェの不良仲間、常識のかけらもなく野卑なジャン・ロジェの父、マルセル(ブリュノ・ クレメール)らの発する強烈な磁場にブルーノは否応なく引きつけられてゆく。やがてジャン・ロジェは問題を起こして停学処分を受け、久しぶりに落ち着きを 取り戻したブルーノは、彼のことを心配するクラスの美しい女教師(フェビエンヌ・バーブ)から個人教授を受けるようになり、そこにつかの間の安らぎを見出 してゆく。が、それを妬んだジャン・ロジェの二人が教師と生徒以上の関係にあるという密告により、個人教授は取り止めさせられ、現実から拒絶されたブルー ノは再び幻想の中に閉じ込もり、その中で自ら死を迎える。一方、強権的で暴力的な父に自らを同一化させながらも、父が家を出た堅実な兄にばかり関心を示す のに複雑なコンプレックスを寄せていたジャン・ロジェはブルーノの死を契機に感情を爆発させ、父を撃ち殺してしまう。少年鑑別所に送られたジャン・ロジェ の手紙が学校を退任した女教師のもとに届けられた。

Source : movie.walkerplus.com

クレジットタイトル詳細 (10)

製作代表 :

Margaret Menegoz

フォトディレクター :

Romain Winding

Production managers :

Jean Bréhat, Muriel Merlin

スクリプト :

Geneviève Château

サウンド・ミキサー :

Dominique Hennequin

シナリオライター :

Jean-Claude Brisseau

録音技師 :

Louis Gimel

Editors :

Lisa Heredia, Annick Hurst, Jean-Claude Brisseau

Costume designer :

Lisa Heredia

スチールマン :

Catherine Faux

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

ドラマ

テーマ :

思春期

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1988

フランス公開 :

01/06/1988

上映時間 :

1 時間 35 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

61432

ビザ発行日 :

07/04/1988

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.33

Audio format :

モノラル

禁止 :

16歳未満

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション