このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
沈黙の世界

沈黙の世界

A 長編映画 by Jacques-Yves Cousteau, Louis Malle

Produced by Filmad

Release in France : 26/05/1956

  • Contents

Participant

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Filmad

Film exports/foreign sales :

Amaya distribution sa

海外製作作品 :

Titanus Produzione

フランス国内配給 :

Rank

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

 ジャック=イヴ・クストーは海に関する専門家を集め、海洋探査船カリプソ号で地中海、紅海、インド洋へ海中調査の航海に出た。彼らはイルカの大群に迎えられ、水中スクーターで海中を探索、さらには海底の難破船も調査していく。また、珊瑚礁の研究にも取り組み、ついにはクジラの群れとも出会う調査隊。だがそのさなか、一頭の子クジラが船のスクリューに巻き込まれ、大きな傷を負ってしまう。さらに一行がそのクジラを安楽死させると、今度はその血を嗅ぎつけたサメたちが集まり死体をむさぼり始める。その残虐さを見過ごせない乗組員たちは、銛などでサメたちへ反撃に出るのだった。やがて、一行は無人島を発見。そこには、産卵に臨む多くのウミガメたちが生息していた…。

Source : movie.goo.ne.jp

Subject

一九五六年カンヌ映画祭でグラン・プリを獲得した、テクニカラー色彩による長篇記録映画である。この作品の監督ジャック・イヴ・クーストーはフランスの海軍大佐だが深海の魅力にとりつかれ一九四二年、工学技師エミール・ガニヤンの協力でアクアラング(潜水肺)を発明。海中の短篇映画にも手を染め、「漂流物」、「潜水手帖」の二作で夫々カンヌ映画祭の賞を得ている。彼の作品では前に「魚の散歩」が我国に紹介されたが、長篇ではこの作が初めて。製作に当り、クーストー他十四名の一行はカリプソ号に乗り地中海、紅海、印度洋、ペルシャ湾と航海を続け、撮影フィルムは延一方二千米。七十五米の深さまで撮影するのに成功している。監督はクーストーとルイ・マルの共同、撮影はエドモン・セシャン、水中撮影はクーストー、マル、フレデリック・デュマ、アルベエル・ファルコの協力。音楽はイヴ・ボードリエ。日本語版解説はNHKの河原武雄アナ。

Source : movie.goo.ne.jp

クレジットタイトル詳細 (9)

フォトディレクター :

Edmond Séchan

Camera operators :

Louis Malle, Jacques-Yves Cousteau, Albert Falco

評論家 :

Jacques-Yves Cousteau

ナレーター :

Roland Menard

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

ドキュメンタリー

サブジャンル :

ルポルタージュ

テーマ :


言語 :

フランス語

出身 :

フランス, イタリア

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (フランス, イタリア)

製作年 :

1955

フランス公開 :

26/05/1956

上映時間 :

1 時間 26 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

17926

ビザ発行日 :

14/02/1956

CNC助成 :

不明

カラータイプ :

カラー

Audio format :

モノラル

禁止 :

なし

Posters (1)

Directors (2)

映画祭でのセレクション (2)

オスカー  - 1957

オスカー  (アメリカ合衆国, 1957)

Selection

Nomination Oscar du Meilleur documentaire

Cannes International Film Festival - 1956

Cannes International Film Festival (フランス, 1956)

Selection

Official Competition

受賞 (3)

オスカー  - 1957

オスカー  (アメリカ合衆国, 1957)

Academy Award for Best Feature Dosumentary

French Syndicate of Cinema Critics - 1956

French Syndicate of Cinema Critics (1956)

French Syndicate of Cinema Critics Price