このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
The House on the Dune

The House on the Dune

A 長編映画 by Georges Lampin

Produced by Les Films Vendôme, Silver Films

Release in France : 29/02/1952

    あらすじ

    Roger Pigaut plays Sylvain, a tobacco smuggler working the border between France and Belgium. Sylvain lives with sexy bar hostess Germaine, played by the formidable Ginette Leclerc. Trouble begins brewing when a customs inspector, bound and determined to catch Sylvain in the act, falls in love with Germaine. It looks bad for Sylvain, but at least he finds spiritual redemption in the arms of virginal young Pa Scaline (Claire Olivia).

    Source : allmovie.com

    俳優 (17)

    映画製作・配給会社 (2)

    フランス国内配給 :

    Les Films Corona

    クレジットタイトル詳細 (14)

    Assistant directors :

    Pierre Léaud, Edouard Luntz

    原作者 :

    Maxence Van der Meersch

    シナリオライター :

    Jacques Rémy

    録音技師 :

    Tony Leenhardt

    製作部長 :

    Claude Pessis

    スクリプト :

    Paule Converset

    作曲家 :

    Maurice Thiriet

    せりふ作者 :

    Jean-Paul Le Chanois

    Producers :

    Adolphe Osso, Robert Dorfmann

    フォトディレクター :

    Jean Bourgoin

    撮影技師 :

    Henri Tiquet

    編集担当 :

    Boris Lewin

    装飾 :

    Maurice Colasson

    スチールマン :

    Emmanuel Lowenthal

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1951

    フランス公開 :

    29/02/1952

    上映時間 :

    1 時間 30 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    11911

    ビザ発行日 :

    23/02/1952

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル