このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
眼には眼を

眼には眼を

A 長編映画 by André Cayatte

Produced by Ugc

Release in France : 13/09/1957

  • Contents

俳優 (16)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Ugc

Film exports/foreign sales :

StudioCanal Films Limited

Foreign production companies :

Jolly Film, Galatea

フランス国内配給 :

UGC Distribution (ex International)

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

砂漠の国シリアの小都市トラブロスの病院の、仏人医師ヴァルテル(クルト・ユルゲンス)はひょんなことから、一人の男につけ廻され始めた。--その 男の妻の診療を彼が断ったため、病院へ向う途中、車が故障し、男は病妻を連れ、歩いてやっとたどりついた。更に悪いことに、宿直の若い医師が誤診し、手遅 れになった。これらの不幸のもとは、みんなヴァルテルにあると、その男--ボルタク(フォルコ・ルリ)は思っているらしいのだ。深夜の怪電話。尾行。ヴァ ルテルの不安はつのった。彼が自分の立場を説明しようと、ボルタクを探し求めだすと、今度は逆に相手が逃げ廻る。ヴァルテルは彼を追ってアラビヤ人集落ラ ヤへ向い、途中、車が故障したボルタク父娘を拾った。ガソリンをきらせて、ラヤに泊った翌朝、ヴァルテルは奥地の村の怪我人の治療を頼まれた。その集落に は白人への敵意が満ち満ちており、ヴァルテルは治療を断られた。その間に、彼の車のタイヤがなくなっていた。仕方なく泊った集落の喫茶店で、彼はボルタク に再会した。ボルタクは商用で来たのだという。ヴァルテルは病人の死について釈明した。翌日、ヴァルテルがラヤへ徒歩で向う途中、道端で休んでいるボルタ クに出会った。ボルタクは後に残ると云ったのに。二度目に会った時、彼はボルタクのすすめで、ダマスクスへ近道の工事用ケーブルに同乗した。谷を渡ってい る時、彼の食糧と飲料の包がボルタクの身体にふれ、まっさかさまに落ちて行った。故意か?砂漠--たまらぬ渇きが彼を襲い始めた。ダマスクスはまだか。あ の山から見える。ボルタクはそう云ったが、そこからは何も見えなかった。山また山。草も木もない。罠だ。彼はボルタクに引っ張り廻されたのだ。一夜が明 け、渇きはますますひどくなった。ダマスクスか井戸かと聞かれた時、彼は井戸を選んだ。井戸の方へ数キロ。が、それは空井戸だった。ついに、彼は倒れ、殺 してくれ、死んだ方がましだと叫んだ。その時、ボルタクはやっと彼の本心を表した。俺も女房が死んだ時、そう思った。それを一度、おめえ、お医者様に言わ せたかった。ボルタクは“復讐"を終えると、ヴァルテルにダマスクスへの道を教え、自分はそこでそのまま眼った。ヴァルテルはそのすきにカミソリでボルタ クの手首を切った。ダマスクスへ十二時間以内に案内せねば、お前の傷はエソになる。ボルタクは泣き叫び、ヴァルテルを案内することを誓った。必ず治して下 さいますな、お医者様。二人はよろめき歩き始める。ボルタクは傷の痛みに歩けなくなった。彼は倒れ、ヴァルテルにこの道をまっすぐ行けばダマスクスだと教 えた。ヴァルテルは教えられた通りに歩み進んだ。ボルタクは倒れたまま笑いに笑った。蹌踉と歩くヴァルテルの行手は果てしない砂漠だった。

Source : movie.goo.ne.jp

クレジットタイトル詳細 (15)

監督補佐 :

Jean Valere

せりふ作者 :

Pierre Bost

プロデューサー :

André Halley des Fontaines

フォトディレクター :

Christian Matras

撮影技師 :

Alain Douarinou

編集担当 :

Paul Cayatte

装飾 :

Jacques Colombier

スチールマン :

Jacques Boutinot

Adapter/dialogue writer :

André Cayatte

原作者 :

Vahé Katcha

Screenwriters :

Vahé Katcha, André Cayatte

録音技師 :

Jacques Lebreton

製作部長 :

François Carron

スクリプト :

Simone Chavaudra

作曲家 :

Louiguy

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

アドベンチャー

言語 :

フランス語, アラビア語

出身 :

フランス, イタリア

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (フランス, イタリア)

製作年 :

1957

フランス公開 :

13/09/1957

上映時間 :

1 時間 53 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

18524

ビザ発行日 :

13/09/1957

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

2.00

Audio format :

モノラル

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション

ヴェネツィア国際映画祭 - 1957

ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 1957)

Selection

公式コンペティション