このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
狂熱の孤独

あらすじ

メキシコ、一漁村。フランス人ジョルジュ(ジェラール・フィリップ)はかつて医者だったが、妻の出産の時処置を 誤って死なせてからは酒と女に身を崩し、酒場で馬鹿踊りを踊って乞食のような生活をしていた。この町へ休暇旅行に来たフランス人トムが突然吐気に苦しみ、 メキシコ人の医者は伝染性の脳脊髄膜炎と診断し直ちにトムを隔離したが死んでしまった。一人異郷に残されたのはトムの妻ネリィ(ミシェル・モルガン)。持 金はいつの間にか盗まれ、帰るに帰れない始末だった。医者の許へワクチンが届けられ、最初にネリイがジョルジュに支えられて腰椎注射をうけた。ジョルジュ は注射をうけようとしなかった。トムの葬式の日、第二の患者が発生し、教会の聖器庫が臨時の隔離病棟にあてられた。ネリイは村でただ一軒のホテルに泊って いたが、主人のドン・ロドリゴは彼女に露骨な好意をみせた。ジョルジュは、久しぶりにネリイのような美しいパリ女を見、忘れていた感情のよみがえってくる のを感じていた。疫病はひろがる一方で、患者は聖器庫からあふれた。汽車の乗客中にも患者が出て、交通は遮断寸前にあった。ネリイは復活祭の前日、現在の 心境を懺悔した。夫の死を悲しむ気にはなれず、これからの生活が気にかかること、ジョルジュに心を惹かれることもつけ加えて--。一方ジョルジュは患者の 世話に打ちこんでいた。ネリイがジョルジュに靴を買ってやったことから、嫉妬したドン・ロドリゴが彼女に挑んだ。ネリイはロドリゴの手を逃れてジョルジュ が神妙に働いている浜辺へかけつけた。そして二人はしっかり抱合った。

Source : movie.walkerplus.com

俳優 (5)

映画製作・配給会社 (4)

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

クレジットタイトル詳細 (15)

製作代表 :

Raymond Borderie

Dialogue Writers :

Jean Aurenche, Jean Clouzot, Pierre Bost

シナリオライター :

Yves Allegret

録音技師 :

William-Robert Sivel

製作部長 :

Louis Wipf

スクリプト :

Suzanne Bon

作曲家 :

Paul Misraki

演出助手 :

André Rameau

Adapters/dialogue writers :

Jean Clouzot, Jean Aurenche

原作者 :

Jean-Paul Sartre

フォトディレクター :

Alex Philipps

撮影技師 :

Louis Née

Editor :

Claude Nicole

装飾 :

Auguste Capelier

スチールマン :

Raymond Voinquel

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

ドラマ

言語 :

フランス語, スペイン語

出身 :

メキシコ, フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (メキシコ, フランス)

製作年 :

1953

フランス公開 :

25/11/1953

上映時間 :

1 時間 45 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

14282

ビザ発行日 :

06/11/1953

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

白黒

画面セット :

スコープ

Audio format :

モノラル

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション (2)

オスカー  - 1957

オスカー  (アメリカ合衆国, 1957)

Selection

Oscar Nomination in the Best Original Story category : Jean-Paul Sartre

ヴェネツィア国際映画祭 - 1953

ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 1953)

Selection

公式コンペティション

受賞