このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Paris Is Always Paris

Paris Is Always Paris

A 長編映画 by Luciano Emmer

Produced by Omnium International

Release in France : 28/11/1952

  • Contents

俳優 (18)

映画製作・配給会社 (3)

製作代表 :

Omnium International

フランス国内配給 :

Omnium International

海外製作作品 :

Fortezza

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

The gentle cultural clash between a band of Italian sports fans and the citizenry of Paris. The hero, DeAngelis (Aldo Fabrizi), has heard so much about "naughty Paree" that he's determined to experience that naughtiness first hand. This plot device, of course, obliges the director to introduce several delectable French mademoiselles in the proceedings. Ultimately, DeAngelis realizes that reports of French libertinism have been grossly exaggerated, but he has a high old time finding this out.

クレジットタイトル詳細 (14)

Assistant directors :

Francesco Rosi, Emile Roussel

Screenwriters :

Sergio Amidei, Giulio Macchi, Luciano Emmer, Francesco Rosi, Ennio Flaiano

録音技師 :

André Léonce Le Baut

製作部長 :

René Montis

Assistant editor :

Renée Lichtig

装飾 :

Hugues Laurent

スチールマン :

Jean Klissak

プロデューサー :

Fred Orain

フォトディレクター :

Henri Alekan

撮影技師 :

Henri Tiquet

編集担当 :

Jacques Poitrenaud

スクリプト :

Paule Converset

作曲家 :

Joseph Kosma, Roman Vlad

演出助手 :

Henri Jaquillard

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

コメディー

言語 :

フランス語, イタリア語

出身 :

フランス, イタリア

Original French-language productions :

不明

製作国 :

ごく一部フランス (フランス, イタリア)

製作年 :

1951

フランス公開 :

28/11/1952

上映時間 :

1 時間 35 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

10908

ビザ発行日 :

02/08/1952

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

白黒

画面セット :

1.37

Audio format :

モノラル

Posters (2)

監督

映画祭でのセレクション

ヴェネツィア国際映画祭 - 1951

ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 1951)

Selection

公式コンペティション