このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
栄光への序曲

栄光への序曲

A 長編映画 by Georges Lacombe

Produced by Miramar Productions

Release in France : 16/06/1950

  • Contents

俳優 (17)

映画製作・配給会社 (3)

製作代表 :

Miramar Productions

フランス国内配給 :

Gray-Film

Film exports/foreign sales :

Télédis

あらすじ

南 仏プロヴァンスの小さな町。左官屋の小僧ロベルト少年は生来の音楽好きであった。町角の乞食に代ってアコーディオンを弾いてやり、その手数料を貯めて姉が 古道具屋に売ってしまった彼のアコーディオンを買い戻すつもりだったが、因業な古道具屋はそれを承知しなかったので、彼は友達をかり集めて、アコーディオ ンを強奪して逃げ出した。主人をまいて飛込んだ教会堂で、彼は白髪の老人がオルガンを弾いているのを聞いた。その音に恍惚とした彼は、翌日再び教会へ忍び 込み、聞き覚えで昨日のバッハ曲を弾き始めた。入って来た昨日の老人音楽家マレシャルは、少年の天才に驚嘆して、彼を家に引取ることにした。ロベルトの進 歩は早く、忽ちその名は世間に知れ渡った。悪徳音楽家のデュモンテックらは彼を利用して一儲けを企み、少年の義兄をだまして契約を結ばせ、マレシャルの嘆 きをよそにロベルトを鳴物入りで地方巡業に連出してしまった。各地での成功を経て、一行は故郷の町に帰って来た。少年の心には、己れに強いられている仕事 に対するひそかな疑問が生れていた。マレシャルは重い病床に伏していたが、正道に戻るよう、切々と少年を諭した。その夜の演奏会、始めてデュモンテックに 反抗する勇気の湧いたロベルトは、プログラムを変更してリストの「前奏曲」を指揮した。力強い名演奏に、感動した聴衆の拍手はいつまでもなり止まなかっ た。ラジオでそれに耳傾けながら、マレシャルは限りないよろこびの裡に息を引取って行った。

Source : movie.walkerplus.com

クレジットタイトル詳細 (9)

製作代表 :

Joseph Grohando

せりふ作者 :

Jean Bernard-Luc

フォトディレクター :

Claude Renoir

編集担当 :

Henri Taverna

作曲家 :

Louis Beydts

Assistant directors :

Denys de la Patelliere, Claude Boissol

シナリオライター :

Jean Bernard-Luc

録音技師 :

Jean Rieul

Production Designers :

Henri Morin, Eugène Delfau

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

人物描写

テーマ :

音楽

言語 :

フランス語

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス

製作年 :

1950

フランス公開 :

16/06/1950

上映時間 :

1 時間 35 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

9166

ビザ発行日 :

07/03/1950

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

白黒

画面セット :

1.37

Audio format :

モノラル