このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
豚小屋

豚小屋

A 長編映画 by Pier Paolo Pasolini

Release in France : 10/10/1969

  • Contents

俳優 (9)

映画製作・配給会社 (3)

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

い つの時代のことかわからない。荒涼とした火山灰地の高地に、ひとりの若者(P・クレマンティ)がいた。飢え、やせこけたその若者は、蝶や蛇にむしゃぶりつ いていた。火縄銃と兜をひろい、歩きつづけていた若者は、やがて兵士の一団と出会った。その軍勢が通りすぎて行った時、どこからか口笛がきこえてきた。若 者はその口笛を吹く若い兵士の前に、立ちはだかった。兵士は恐怖におののき、逃げ出した。若者はその後を追い、二人は銃をうち、剣を抜いた。だが突然、兵 士は剣を捨て、うずくまってしまった。若者は当然のように、その兵士を殺した。しばらく後、若者の周辺には、原型をとどめない肉片がちらばり、若者は無表 情のまま口を動かしていた。いつの間にか、この若者のそばに、人肉を喰う一人の中年男(F・チッティ)がいるようになった。ある日、この二人のそばを囚人 をのせた荷馬車が通りかかった。二人は警護の兵士を殺し、囚人女たちを仲間に引き入れ、人肉を喰う集団をつくっていった。数日後、一人の女がこの人肉集団 の餌食となったが、その下男の通報で討伐隊が組織され、彼等は捕えられた。処刑の日、泣き叫ぶ仲間たちが次々と狼の餌食にされるため、杭にしばりつけられ ていくのをみながら、若者は十字架に接吻するのを拒否し、つぶやいた。「おれは、父を殺し、人肉を喰った。歓びにふるえた。」現代、西ドイツのボン。ユリ アン(J・P・レオ)は、大実業家クロツ(A・リオネッロ)の一人息子であり、イーダ(A・ピアゼムスキー)という美人の婚約者をもちながら、何故かあら ゆる興味を失い、自分の秘密の城にとじこもっていた。ある日、久しぶりにイーダが、クロツ家の大邸宅を訪ねたが、ユリアンは結婚の話をわざとさけた。また ある日、クロツを、腹心のハンス(M・フェレーリ)が訪れ、意外な情報をもってきた。それはエッセンなどでクロツと同窓だったヒルトが、現在クロツの政敵 であり、事業のライバルであるヘルディツェ(U・トニヤッツィ)と同一人物である、ということだった。彼は整形手術をしたのだった。そこへ、折しも当のヘ ルディツェがやって来た。再会を祝した二人だが、ヘルディツェは意外な事実をクロツに告げた。「君の息子は、豚とセックスをしているんだ!」。数日後、 イーダが別れを告げに来たが、ユリアンは平然としていた。しばらく後、クロツ家の大広間で、クロツとヘルディツェの企業合弁の祝賀パーティが開かれたが、 ユリアンはそこから抜け出し、豚小屋へ向った。パーティが最高潮に達した時、農夫たちが面会を求めて来た。ヘルディツェが彼らと会った。農夫たちは、ユリ アンが豚に喰われてしまった、と話した。そこで、現場に何も残っていないことを確かめたヘルディツェは、唇に指をあてて言った。「よし! では、誰にも何 にもしゃべるんじゃないぞ!」

Source : movie.walkerplus.com

クレジットタイトル詳細 (7)

Assistant directors :

Sergio Citti, Fabio Garriba

シナリオライター :

Pier Paolo Pasolini

Directors of Photography :

Tonino Delli Colli, Armando Nannuzzi, Giuseppe Ruzzolini

Costume designer :

Danilo Donati

プロデューサー :

Paul Claudon

海外プロデューサー :

Gian Vittorio Baldi

編集担当 :

Nino Baragli

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

ドラマ

言語 :

イタリア語

出身 :

イタリア, フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

50%フランス (イタリア, フランス)

製作年 :

1969

フランス公開 :

10/10/1969

上映時間 :

1 時間 35 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

35273

ビザ発行日 :

09/10/1969

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

Audio format :

モノラル

Posters (9)

監督