このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
奥様にご用心

奥様にご用心

A 長編映画 by Julien Duvivier

Produced by Paris Film Production

Release in France : 18/10/1957

  • Contents

俳優 (40)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Paris Film Production

Film exports/foreign sales :

Lumière International

海外製作作品 :

Panitalia

フランス国内配給 :

Compagnie Commerciale Française Cinématographique (CCFC)

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

一九世紀末葉のパリ。婚期を迎えた二人の娘を、持参金なしで嫁がせるために、ジョスラン夫人は苦労していた。一家の住むアパルトマンに、ある日オク ターヴ・ムーレ(ジェラール・フィリップ)という青年がやってきた。立身出世を夢見る男であり、女性を魅する才気の持主である彼は、カンパルドン家に寄宿 して服地店に職を得た。服地店の主人は、年上の病身の夫をかかえるエドゥアン夫人(ダニエル・ダリュー)だった。冷たい美貌の彼女は、簡単にはムーレの口 ぐるまにのらない。ジョスラン夫人の二番目娘ベルト(ダニー・カレル)は、重苦しい家庭の空気にたえられず、母が花婿候補にしたムーレに心をよせた。しか し、自分の金では結婚しないというムーレの言葉で、ジョスラン夫人は、ベルトを薄のろの青年で服地店をいとなむオーギュストにおしつけた。彼は遠からず父 親の財産をつぐはずなのである。盛大な結婚式があげられた。ベルトは、意にそまぬ結婚生活を続けながら、暇をぬすんでムーレと逢びきするコケティッシュな 女になった。そして、ムーレは誘惑に失敗したエドゥアン夫人の店を出て、ベルトの夫の店に入りこんだ。主人の妻の情夫であり、店の支配人となったムーレの 手腕は、競争相手となったエドゥアン夫人の店をおびやかした。けれど、ベルトとムーレの仲を、夫のオーギュストが感づいた。彼はムーレに決闘を申しこんだ が、ムーレに妻や情婦を寝とられた年輩男達のとりなしで、事は無事にすんだ。同じアパルトマンに住むマリイ・ピション夫人(アヌーク・エーメ)の、静かで 哀しそうな眼をあとに、ベルトと別れたムーレは再びエドゥアン夫人の服地店に帰った。今は夫を失い、ムーレの事業的手腕を信用し、彼にのぼせ上ったエドゥ アン夫人の熱っぽい接吻が、そこで彼を待っていた。ムーレは彼女の服地店“婦人の幸福"の店主におさまった。S

ource : movie.goo.ne.jp

Subject

「殺人狂想曲」のジュリアン・デュヴィヴィエ監督が、エミール・ゾラが一八八二年に書いた「ごった煮」をもとに作った作品。意をこらした時代風俗絵巻のなかに、十九世紀パリ・プチブル階級の男女関係が、皮肉まじりに描かれる。脚色はデュヴィヴィエ、レオ・ジョアノン、「愛情の瞬間」のアンリ・ジャンソンの三人。台詞はジャンソン。撮影を「ノートルダムのせむし男」のミシェル・ケルベ、音楽をジャン・ヴィーネ、美術をレオン・バルザックがおのおの受けもっている。出演者は「モンパルナスの灯」のジェラール・フィリップとアヌーク・エーメ、「夜の放蕩者」のダニエル・ダリュー、「リラの門」のダニイ・カレルの他、クロード・ノリエ、ミシュリーヌ・リュシオニ等。製作ロベール及びレイモン・アキム。

Source : movie.goo.ne.jp

クレジットタイトル詳細 (17)

Assistant directors :

Michel Romanoff, Pierre Maho

原作者 :

Émile Zola

Screenwriters :

Julien Duvivier, Henri Jeanson, Léo Joannon

録音技師 :

Jacques Carrère

撮影技師アシスタント :

André Domage

Production manager :

Ludmila Goulian

製作アシスタント :

Pierre Duvivier

作曲家 :

Jean Wiener

Costume designers :

Marcel Escoffier, Jean Zay

Adapter/dialogue writer :

Henri Jeanson

Producers :

Robert Hakim, Raymond Hakim

フォトディレクター :

Michel Kelber

音声アシスタント :

Guy Chichignoud

撮影技師 :

Wladimir Ivanoff

Editor :

Madeleine Gug

スクリプト :

Denise Morlot

美術装飾 :

Léon Barsacq

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

文学作品翻案

テーマ :


言語 :

フランス語

出身 :

フランス, イタリア

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (フランス, イタリア)

製作年 :

1957

フランス公開 :

18/10/1957

上映時間 :

1 時間 55 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

19820

ビザ発行日 :

11/10/1957

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

白黒

禁止 :

なし