このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
白夜

白夜

A 長編映画 by Robert Bresson

Produced by Albina Productions

Release in France : 25/01/1972

  • Contents

俳優 (6)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Albina Productions

Film exports/foreign sales :

Les Films sans Frontières

海外製作作品 :

I Film Dell'Orso

フランス国内配給 :

Les Films Imperia

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

第1夜。ある初秋の日曜の夜、ジャック(G・D・フォレ)は、ポン・ヌフの橋からセーヌ河に身投げしようとしている少女マルト(I・ヴェンガルテン)を 救った。第2夜。同所で再会した2人は、互いの身の上を語り合う。ジャックは、元美術学校の学生で今は自宅にこもって画を描いており、マルトは母と2人暮 しで隣室を学生に間借りさせている。1年前マルトは、その部屋を借りている青年(J・M・モノワイエ)に恋する。が、青年はアメリカへ留学に行き、1年後 にポン・ヌフの橋の上でマルトとの再会を約束した。そして彼女は今日で3日目、青年が3日前にパリに帰ってきているのを知りつつ、待っている。第3夜。青 年の影にさえぎられながら、ジャックとマルトの不安な心のうずく夜がすぎていく。第4夜。約束の時が来ても、ついに青年は現われなかった。苦しむマルト。 そして愛を告白するジャック。2人はパリの夜を、美しい月夜の下を幸福にさすらう。だが、突然、マルトの目が一点にとまった。そう、それは、彼女がさがし 求めていたあの青年の姿だったのだ--。

Source : movie.goo.ne.jp

Subject

The film features cinematography characteristic of Robert Bresson. Shots are carefully choreographed and highly stylized, from the first scene in the movie when Jacques inexplicably travels to the countryside to turn somersaults in a field. Scenes of Jacques painting feature tight shots, showing just his hand, the paintbrush, characteristic and the thick line of paint. The scene in which Marthe looks at herself is especially striking. Bresson chooses not show her entire body but rather bits and segments, first her foot, then a buttock, then breasts. The film never declares what Marthe thinks of her body or even why she looks at herself. She may be admiring herself, hating herself, or conducting an anatomy lesson.

There is a dream-like quality to the film, especially to the evening scenes. Jacques and Marthe only see one another in the four evenings of their acquaintance. On the last evening, a pleasure boat travels along the River Seine. A band plays a song on the boat, which enchants Marthe and Jacques who lean against the parapet to listen. Bresson cuts to tight shots of the band, of the musicians strumming their instruments, and of the singer's face. The song is eerie and beautiful, the singer black, young, very attractive, and with the voice of angel. The film shows the entire song, the whole time with the camera focused on the musicians, not showing reaction shots of Jacques and Marthe. This contributes to the dreamy nature of the movie, as Marthe and Jacques are on the bridge, far from the boat, yet the film shows us the band from the point of view of a passenger on the boat or even of the musicians themselves.

The film does not explain why Marthe chooses her old lover in the end and not Jacques. It is not entirely clear whether Jacques is brokenhearted when Marthe leaves him.

Source : Wikipedia.

クレジットタイトル詳細 (10)

Assistant directors :

Mylène Van Der Mersch, André Bitoun, Munni Kabir, Jean-Pierre Ghys

Producer :

Albina du Boisrouvray

Directors of Photography :

Pierre Lhomme, Ghislain Cloquet

製作部長 :

Georges Casati

作曲家 :

Michel Magne

原作者 :

Dostoïevski

シナリオライター :

Robert Bresson

録音技師 :

Roger Letellier

編集担当 :

Raymond Lamy

美術装飾 :

Pierre Charbonnier

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

心理ドラマ

テーマ :

愛, 彷徨

言語 :

フランス語

出身 :

フランス, イタリア

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (フランス, イタリア)

製作年 :

1971

フランス公開 :

25/01/1972

上映時間 :

1 時間 27 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

37643

ビザ発行日 :

07/01/1972

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

Audio format :

モノラル

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション

ベルリン国際映画祭 - 1971

ベルリン国際映画祭 (ドイツ, 1971)

Selection

Official Competition

受賞