このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Tempest in the Flesh

Tempest in the Flesh

A 長編映画 by Ralph Habib

Produced by Entreprise Générale Cinématographique (EGC)

Release in France : 05/02/1954

    あらすじ

    A dam is under construction in the Pyrénées mountains. All the workers only have eyes for pretty, sensual Clara, the canteen waitress. And what she exchanges with many of them is more than just looks, this is for sure. Nevertheless, despite her frivolity, Clara falls truly in love with Tonio Borelli, the site foreman. The latter takes her to Paris and they marry. But Clara soon realizes that the call of the flesh still consumes her...

    Source : IMDb

    俳優 (21)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Entreprise Générale Cinématographique (EGC)

    フランス国内配給 :

    Les Films Corona

    Film exports/foreign sales :

    StudioCanal Films Limited

    クレジットタイトル詳細 (13)

    Assistant directors :

    Francis Caillaud, Fabien Collin

    プロデューサー :

    Jacques Gauthier

    フォトディレクター :

    Roger Hubert

    撮影技師 :

    Adolphe Charlet

    編集担当 :

    Henri Rust

    装飾 :

    Lucien Aguettand

    スチールマン :

    Raymond Heil

    Dialogue Writers :

    Jacques Companeez, Paul Andreota, Jacques Natanson

    Screenwriters :

    Jean-Claude Aurel, Jacques Companeez

    録音技師 :

    Robert Biard

    製作部長 :

    Hugo Benedek

    スクリプト :

    Suzanne Durrenberger

    作曲家 :

    Norbert Glanzberg

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    性行為

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1954

    フランス公開 :

    05/02/1954

    上映時間 :

    1 時間 35 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    14436

    ビザ発行日 :

    14/01/1954

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル