このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

プラウダ (真実)

A 長編映画 by Jean-Luc Godard, Paul Burron, Jean-Henri Roger

Produced by Centre Européen Cinéma-Radio-Télévision (CECRT), Groupe Dziga Vertov

製作年 : 1969

  • Contents

Participant

映画製作・配給会社 (2)

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

Subject

『プラウダ (真実) 』(Pravda、露語Правда、「真実」の意)は、ジャン=リュック・ゴダール、ジャン=アンリ・ロジェ、ポール・ビュロンら「ジガ・ヴェルトフ集団」の共同監督による、1969年製作のフランス・西ドイツ合作の映画である。チェコスロヴァキア(現チェコ)の首都プラハで3月[1]に撮影した。

「ジガ・ヴェルトフ集団」(1968年 - 1972年)の第三作である。前作『ブリティッシュ・サウンズ』を完成させた1969年3月、ゴダールらはプラハに飛んだ。「プラハの春」と呼ばれた1968年、同6月27日の『二千語宣言』、同8月20日深夜、ソ連による軍事介入とその失敗、1969年1月1日のチェコとスロヴァキアの連邦制による「チェコスロヴァキア社会主義連邦共和国」成立の流れのなかで、同4月に終わりを告げる、まさにその直前のプラハである。

そこで「ジガ・ヴェルトフ集団」は、『ひなぎく』(1966年)を監督した「チェコ・ヌーヴェルヴァーグ」の女性監督ヴェラ・ヒティロヴァを直撃した。ゴダールはヒティロヴァを批判し、「あなたはザナックでありパラマウントではないか」と問う。彼女は答える。「アーサー・ペンとアントニオーニのようなものです」。同席した同じくプラハの映画監督イヴァン・パッセルがゴダールに対し「あなたこそプチブル的だ」と反駁するという一幕もある。パッセルは同年、アメリカに亡命する。その直前のプラハでの貴重な映像である。

クロード・ネジャールは1940年生まれの若手プロデューサーで、ルネ・アリオ監督の長篇第一作『La Vieille dame indigne』(1965年)で25歳にしてプロデューサーになり、フィリップ・ガレル監督の中篇『現像液 Le Révélateur』(1968年)などを経て、本作は4作目となる。その後ルイ・マル監督の『好奇心』(1971年)では製作とともにマルと共同で脚本も手がけた。パッセルは、アメリカ亡命後は英語読みの「アイヴァン・パサー」として、ジョージ・シーガル主演の『生き残るヤツ』(1971年)やピーター・オトゥール主演の『クリエイター』(1985年)などの監督作を手がけ、現在も活躍中である。

「プラウダ Правда」とは、ロシア語で「真実」を意味すると同時にソ連共産党の機関紙の名であり、同集団が名を冠したソ連の映画監督ジガ・ヴェルトフの短篇シリーズ『キノ・プラウダ』(1922年 - 1925年)にも由来している。同集団が追求するドキュメンタリーの手法「シネマ・ヴェリテ」とは「キノ・プラウダ Киноправда」の直訳である。ゴダールと「ジガ・ヴェルトフ集団」は、本作で、アメリカ帝国主義とソ連のスターリニズムとの関係における「真実」を「1969年のプラハ」に見出そうとしたのである。

日本では、フランス映画社の配給と大島渚や佐々木守らの「創造社」(1961年 - 1972年)の共催による「ゴダール・マニフェスト」のシリーズで、1971年11月3日、東京・新宿の「蠍座」で『ブリティッシュ・サウンズ』とともに公開された。チェコでは2001年の「イフラヴァ国際ドキュメンタリー映画祭」で上映されている。

Source : Wikipedia

クレジットタイトル詳細 (4)

プロデューサー :

Claude Nedjar

あてレコ :

Jean-Luc Godard

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

ドキュメンタリー

言語 :

フランス語

Original French-language productions :

不明

製作年 :

1969

フランス公開 :

上映時間 :

経過状況 :

CNC助成 :

不明