このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
イタリアにおける闘争

イタリアにおける闘争

A 長編映画 by Jean-Luc Godard, Jean-Pierre Gorin

Produced by Cosmoseion, Rai - Radiotelevisione Italiana

Release in France : 29/04/1971

  • Contents

俳優 (4)

映画製作・配給会社 (3)

Associate producer :

Groupe Dziga Vertov

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

『イタリアにおける闘争』(-とうそう、伊語 Lotte in Italia)は、ジャン=リュック・ゴダール、ジャン=ピエール・ゴランらが「ジガ・ヴェルトフ集団」名義で1969年(昭和44年)12月に匿名製作した、約1時間の映画である。

1969年12月、本作は基本的にはフランス・パリ市内で撮影された。RAI(イタリア放送協会)のために製作したが、完成後、同局は納品拒否した[1]。

4部構成。第1部は、革命運動に参加するマルクス主義者の女子大生パオラ・タヴィアーニ(クリスチャーナ・トゥリオ・アルタン)を提示、第2部は、自らの具体的状況を具体的に分析することで、「私」という存在の社会的矛盾を発見することだと語り、第3部は、第1部と第2部とを検証すること、第4部は、テレビに出て、自分について語ることになるパオラの話である[2]。

本作で、女子大生パオラ・タヴィアーニ役で主演したクリスチャーナ・トゥリオ・アルタンは、「ジガ・ヴェルトフ集団」と行動をともにし、『東風』、『万事快調』に出演したが、同集団解散後は編集助手に転向、1975年、『東風』にも出演しているグラウベル・ローシャ監督の『クラロ』で編集技師となり、その後は編集畑を歩んだ。パオロ・ポゼッシは、前年の1968年にオムニバス映画『愛と怒り』のゴダール篇『放蕩息子たちの出発と帰還』に出演した後、『東風』と本作に出演した後、イタリア放送協会でテレビ映画の脚本を書いた。ジェローム・アンスタンは1980年代に録音技師に転向した。

Source : Wikipedia

Photos (3)

クレジットタイトル詳細 (2)

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

ドラマ

言語 :

イタリア語

出身 :

イタリア, フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

ごく一部フランス (イタリア, フランス)

製作年 :

1969

フランス公開 :

29/04/1971

上映時間 :

1 時間 2 分

経過状況 :

公開済み

CNC助成 :

不明

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.37

Audio format :

モノラル