このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
恋愛日記

恋愛日記

A 長編映画 by François Truffaut

Produced by Les Productions Artistes Associés, Les films du Carrosse

Release in France : 27/04/1977

    あらすじ

    南フランスのモンペリエは閑静な都市。そしてその郊外の墓地では、今しも葬送のセレモニーがはじまろうとしている。しかも奇妙なことに会葬者はすべ て女。そして故人の名はベルトラン(シャルル・デネール)、一体何が、彼と女達の間にあったのだろうか……。彼、つまりベルトランは流体力学研究所という カタイところに勤める40歳の独身男。いかついマスクでハンサムには程遠い。ところが、この男、変な性癖を持っていた。女だ。ブロンド、赤毛、大柄、小 柄、グラマー、スリム、色白、浅黒、OL、人妻……、この世の女に身も世もないベルトラン。といっても別に彼は、痴漢や変質者ではない。彼女達との恋の ゲームを唯一の楽しみとしており、彼にとっての女のチャームポイントは脚線美。こうしてベルトランは日夜、モンペリエの町に女性を求めていた。今日もマル ティーヌ(ナタリー・バイ)というOLを見つけ攻略し、又、ランジェリー・ショップの41歳の成熟女エレーヌ(ジュヌヴィエーヴ・フォンタネル)にはKO のベルトラン。彼も100%OKというわけではないのだ。でも、まあ平均すればいい方な彼の戦果は、デパートで見つけたブロンド、映画館の暗闇の人 妻……。そして彼は、これら万華鏡のような女達との交渉を1冊のノートに書いていた。女の世界を再構成していくのだ。でも、人妻デルフィーヌ(ネリー・ボ ルジョー)との火遊びは度をすぎ、彼女は夫を撃って獄につながれ、彼は誰かに下の病気をうつされてしまった。そうこうしているうちに、「漁色家」と題する 彼の原稿は出来、ある出版社で本になることになる。そのため、彼はパリに向かった。女性編集者のジュヌヴィエーヴ(ブリジット・フォッセー)は、本のタイ トルを「女達を愛した男」と変えるように進めた。そして、ベルトランが昔パリ時代の別れた愛人ベラ(レスリー・キャロン)との感慨深い再会を果したのは、 この時だった。一方、彼とジュヌヴィエーヴとは、出版の関係でその後、時々逢うようこなり、やがて結ばれる。そしてクリスマスの夜。ベルトランは、ジュヌ ヴィエーヴと連絡がとれなかったため、いつものように夜のモンペリエにハントに出かけた。だが、向かい側の通りの2人連れに目をうばわれ、車線を横切った 瞬間、ベルトランの身体はボンネットに乗り上げ、凄い衝撃で舗道にたたきつけられた。彼は一命はとりとめたものの、病院で身動き出来ない状態だ。でも看護 婦が抜群の脚線美だったため、彼の悲劇がはじまった。もうじっとは、していられない。でも身体を動かすと……。今、ベルトランの葬儀が女達に囲まれ行なわ れている--。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (31)

    映画製作・配給会社 (3)

    Film exports/foreign sales :

    MK2 Films (ex MK2)

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (3)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    Reception
    At the time of the film's release, Vincent Canby called it a "supremely humane, sophisticated comedy that is as much fun to watch for the variations Mr. Truffaut works on classic man-woman routines as for the routines themselves" and noted "I suppose there's always been a little of the late Ernst Lubitsch in all Truffaut comedies, ...but there is more than I've ever seen before in The Man Who Loved Women." Canby said "Denner is very, very funny as Bertrand, a fellow who has the same single-minded purpose as the rat exterminator he played in Such a Gorgeous Kid Like Me, as well as the delicacy of touch of Antoine Doinel on his best behavior" and called the sequence featuring Leslie Caron the film's "most marvelous, most surprising"; her scene of four or five minutes is "so remarkably well played and written that an entire love affair, from the beginning to the middle and the end, is movingly evoked through what is really just exposition."

    For Ronald Bergan and Robyn Karney in the Bloomsbury Foreign Film Guide, "the film obstinately refuses to cast light on its characters, making it no more than a superficial and sporadically entertaining exercise." Geoff Andrew in the Time Out Film Guide describes the film as "[c]harmless...[it] irritates by its over-wrought sense of literary-style paradox, [and] by its insistence on eccentricity as its source of humour". Melissa E. Biggs though, in French Films 1945-1993, describes it as "an extraordinary film ... made at just the right moment in time, when sexual obsession could still be ironic and celebrated and not held up to scorn by political correctness and feminist righteousness".

    The film was entered into the 27th Berlin International Film Festival.

    Source : Wikipedia

    Photos (4)

    クレジットタイトル詳細 (18)

    Assistant directors :

    Alain Maline, Suzanne Schiffman

    Screenwriters :

    François Truffaut, Michel Fermaud, Suzanne Schiffman

    録音技師 :

    Michel Laurent

    Camera operator :

    Dominique Le Rigoleur

    Editor :

    Martine Barraqué

    製作アシスタント :

    Roland Thénot

    装飾 :

    Jean-Pierre Kohut-Svelko

    Costume designer :

    Monique Dury

    音楽編曲 :

    François Porcile

    Producers :

    Marcel Berbert, François Truffaut

    フォトディレクター :

    Nestor Almendros

    撮影技師アシスタント :

    Florent Bazin, Anne Khripounoff

    Production managers :

    Marcel Berbert, Philippe Lievre

    Assistant editors :

    Marie-Aimée Debril, Michel Klochendler, Michèle Neny

    スクリプト :

    Christine Pellé

    作曲家 :

    Maurice Jaubert

    サウンド・ミキサー :

    Jacques Maumont

    管弦楽編集者 :

    Patrice Mestral

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ, ロマンス

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1977

    フランス公開 :

    27/04/1977

    上映時間 :

    1 時間 58 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    45350

    ビザ発行日 :

    28/03/1977

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル

    Posters (3)

    監督

    映画祭でのセレクション (4)

    セザール賞(フランス映画) - 1978

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1978)

    Selection (3)

    Best Supporting Actress : Nelly Borgeaud

    Best Supporting Actress : Geneviève Fontanel

    Best Actor : Charles Denner

    ベルリン国際映画祭 - 1977

    ベルリン国際映画祭 (ドイツ, 1977)

    Selection

    Official Competition