このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
テス

テス

A 長編映画 by Roman Polanski

Produced by Renn Productions, Burrill Productions Ltd

Release in France : 31/10/1979

    あらすじ

    ある日突然、父の家系が伯爵家だとわかった美しい少女テス(テレサ)は、近くに住む金持ちの家ダーバヴィル家に親戚と名乗り、援助を頼みに行かせら れる。テスはダーバヴィル家の持ち物である農場に奉公に行くことになるが、祭りの夜、女主人の息子アレックに犯され、情婦にされてしまう。テスは農場を出 て行くが、戻った実家で子供を産む。子供はすぐに死んでしまい、テスはまた別の遠い農場に奉公に行く。

    その農場には、牧師の息子だが農場主を目指しているエンジェルという青年がいた。テスとエンジェルは恋に落ちるが、テスは自分の過去を告白できず、 彼との結婚を承諾できない。過去を告白した手紙をドアの下からエンジェルの部屋へ差し込み、何も変化の無いエンジェルからのプロポーズを受け入れるが、 マットの下に入り込んで手紙が読まれていなかったことに気づく。結婚式の夜、とうとうテスはエンジェルに告白するが、エンジェルはテスを許せずに出て行っ てしまう。

    テスは故郷に帰るが、父親が死に、一家は困窮を極めていた。かつて自分を情婦にしたアレックがしつこく援助を申し出るが、テスは断る。しかし家賃を 滞納して家を追い出され、ダーバヴィル家縁の地へ移るが、金がなくて家を借りることも出来ない。テスはアレックからの援助を受け、再び情婦として彼の元で 暮らし始める。

    時が流れ、テスを許したエンジェルは彼女を迎えに行くが、アレックの情婦となっていたテスは彼を追い返すことしか出来ない。だがアレックの言葉に激昂したテスはアレックを刺し、エンジェルを追いかけて二人で逃亡する。二人は各地を彷徨うが、ストーンヘンジのある野原で捕まり、その後テスは処刑される。

    Source : Wikipedia

    俳優 (11)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Renn Productions, Burrill Productions Ltd

    フランス国内配給 :

    AMLF

    Film exports/foreign sales :

    Pathé Distribution

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (21)

    製作代表 :

    Claude Berri

    原作者 :

    Thomas Hardy

    アソシエートプロデューサー :

    Jean-Pierre Rassam

    Screenwriters :

    Roman Polanski, Gérard Brach, John Brownjohn

    録音技師 :

    Jean-Pierre Ruh

    撮影技師アシスタント :

    François Lauliac, Eric Brach

    編集担当 :

    Alastair Mac intyre

    スクリプト :

    Sylvette Baudrot

    作曲家 :

    Philippe Sarde

    Costume designers :

    Thérèse Ripaud, Caroline de Vivaise

    スチールマン :

    Bernard Prim

    Assistant directors :

    Romain Goupil, Thierry Chabert

    Producers :

    Claude Berri, Timothy Burrill

    エグゼクティブプロデューサー :

    Pierre Grunstein

    Directors of Photography :

    Ghislain Cloquet, Ph. Geoffroy Unsworth

    音声アシスタント :

    Louis Gimel

    撮影技師 :

    Jean Harnois

    音声編集担当 :

    Hervé de Luze

    Production Designers :

    Pierre Guffroy, Jack Stephens

    Foley artist :

    Jean-Pierre Lelong

    Sound mixers :

    Alex Pront, Jean Nény

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    言語 :

    フランス語, 英語

    出身 :

    イギリス, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    50%フランス (イギリス, フランス)

    製作年 :

    1979

    フランス公開 :

    31/10/1979

    上映時間 :

    3 時間 5 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    49738

    ビザ発行日 :

    26/10/1979

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    Posters (3)

    監督

    ニュース

    映画祭でのセレクション (8)

    Taipei Golden Horse Film Festival - 2012

    Taipei Golden Horse Film Festival (台湾, 2012)

    Selection

    Film Cult(ure) - restored Classic and Stories

    TIFF - 2012

    TIFF (カナダ, 2012)

    Selection

    Cinémathèque

    オスカー  - 1981

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1981)

    Selection (6)

    Oscar Nomination for Best Original Score : Philippe Sarde

    Nomination for Best Cinematography : Ghislain Cloquet, Ph. Geoffroy Unsworth

    Nomination for Best Costume Design : Anthony Powell

    Nomination for Best Art Direction : Pierre Guffroy, Jack Stephens

    Academy Award nomination for Best Director : Roman Polanski

    Nomination for Best Motion Picture of the Year

    セザール賞(フランス映画) - 1980

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1980)

    Selection (6)

    Best Production Design : Pierre Guffroy

    Best Cinematography : Ghislain Cloquet

    Best Original Music : Philippe Sarde

    Best Director : Roman Polanski

    Best Actress : Nastassja Kinski

    Best Film

    受賞 (2)

    オスカー  - 1981

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1981)

    賞 (2)

    Academy Award for Best Costumes : Anthony Powell

    Oscar for Best Art Direction : Pierre Guffroy, Jack Stephens

    セザール賞(フランス映画) - 1980

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1980)

    賞 (3)

    César Award for Best Director : Roman Polanski

    César Award for Best Cinematography : Ghislain Cloquet

    César Award for Best Film