このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Song of the World

Song of the World

A 長編映画 by Marcel Camus

Produced by Orphée Productions, Marceau-Cocinor

Release in France : 07/10/1965

    あらすじ

    Antonio is a father who embarks on a desperate search for his son, who has gone missing after killing a man who tormented and attacked him over the love of a woman. Clara (Catherine Deneuve) is the woman in question who assists Antonio along with Matelot (Charles Vanel), an elderly man also on the run.

    俳優 (23)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Orphée Productions, Marceau-Cocinor

    Film exports/foreign sales :

    Tamasa Distribution

    海外製作作品 :

    Liber Film

    フランス国内配給 :

    Cocinor

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (12)

    製作代表 :

    Edmond Tenoudji, Claire Duval

    せりふ作者 :

    Marcel Camus

    海外プロデューサー :

    Ottavio Poggi

    録音技師 :

    René Levert

    Editor :

    Andrée Feix

    作曲家 :

    André Hossein

    Adapter/dialogue writer :

    Marcel Camus

    原作者 :

    Jean Giono

    フォトディレクター :

    Raymond Lemoigne

    製作部長 :

    Michel Choquet

    装飾 :

    Robert Giordani

    スチールマン :

    Jean-Louis Castelli

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ, 文学作品翻案

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1965

    フランス公開 :

    07/10/1965

    上映時間 :

    1 時間 35 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    29711

    ビザ発行日 :

    08/10/1965

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    スコープ

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション

    Cannes International Film Festival - 1966

    Cannes International Film Festival (フランス, 1966)

    Selection

    公式短編映画セレクション