このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
パッション・ベアトリス

パッション・ベアトリス

A 長編映画 by Bertrand Tavernier

Produced by Rachel productions, Les Films de la Tour

Release in France : 11/11/1987

  • Contents

俳優 (17)

映画製作・配給会社 (5)

製作代表 :

Rachel productions, Les Films de la Tour

海外製作作品 :

Scena films international

フランス国内配給 :

AMLF

Co-productions :

TF1 Films Production, Little Bear

Film exports/foreign sales :

Pathé Distribution

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (6)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

14世紀のフランス。フランソワ(=コルトマール公)は幼いが父が戦いに出た城を守る者として生まれながらの君主としての風格を身につけている。母 親の浮気も許さず、相手を刺し殺し三ヵ月間城の楼上に篭もる。時は流れて14世紀も半ば、城の王となったコルトマール公(ベルナール・ピエール・ドナ デュー)は以前、彼の父がそうしたように、戦いに出て息子アーノルド(ニルス・タヴェルニエ)と共に捕われの身となる。城は娘のベアトリス(ジュリー・デ ルピー)の采配によって守られる。しかしいつ帰るとも知れぬ主に城は貧し、土地や家具を売って生計をたてていた。ベアトリスは共に過ごす事の少ない父を慕 うが、父は君臨する者として娘への愛を表現できない。さらに離れている間に同じ強い血を持つ親子は、父は“悪"、娘は“善"へと持てるエネルギーを向け、 対極をなしてしまう。ある雪の日、武人から賊と化した父は悪行を重ねながら帰城する。母を罵倒し、女たちを連れ込み、飽きるとまた略奪を繰り返す様をまざ まざと見せられたベアトリスは優柔不断な弟を正しい道に導きながら、自分が父を愛せるように祈るのだった。コルトマール公は、自分の受けられる歪んだ愛 は、娘からの聖なる裁きである事を悟っていた。そして、娘を犯し、その幸せな恋を奪い、最後の瞬間を待った。妊娠に気づいたベアトリスは、刀剣を手に父の 寝所に入る。父は心臓の位置を示しながら、もはや自分の力ではどうにもできない運命をベアトリスに託し、血を流すのだった。

Source : movie.goo.ne.jp

クレジットタイトル詳細 (13)

Assistant directors :

Olivier Horlait, Philippe Berenger

Producers :

Adolphe Viezzi, Bertrand Tavernier

録音技師 :

Michel Desrois

製作部長 :

Pierre Saint-Blancat

Production Designers :

Guy-Claude François, Jacqueline Moreau

建設部門マネージャー :

François Decaux

スチールマン :

Georges Pierre

Adapter/dialogue writer :

Colo Tavernier O'Hagan

フォトディレクター :

Bruno de Keyzer

音声アシスタント :

Jean-Michel Chauvet

編集担当 :

Armand Psenny

作曲家 :

Lily Boulanger, Ron Carter

Sound mixers :

Michel Barlier, Gérard Lamps

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

ドラマ

テーマ :

中世, 思春期

言語 :

フランス語

出身 :

イタリア, フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (イタリア, フランス)

製作年 :

1987

フランス公開 :

11/11/1987

上映時間 :

2 時間 11 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

61.892

ビザ発行日 :

23/11/1987

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.85

Audio format :

ステレオ

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション

セザール賞(フランス映画) - 1988

セザール賞(フランス映画) (フランス, 1988)

Selection (4)

Best Production Design : Guy-Claude François

Best Costume Design : Jacqueline Moreau

Best Screenplay (Original or Adapted) : Colo Tavernier O'Hagan

Most Promising Actress : Julie Delpy

受賞