このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
夕なぎ

夕なぎ

A 長編映画 by Claude Sautet

Produced by Fildebroc Productions

Release in France : 27/10/1972

    あらすじ

    ロザリー(ロミー・シュナイダー)は、画家である夫のアントワーヌ(ウンベルト・オルシーニ)と別れ、幼い娘のカトリーヌと生活していた。ある日、 彼女はセザール(イヴ・モンタン)と出会った。彼は、自動車や船をバラして荒稼ぎしている四八歳の男。ありあまるバイタリティ、陽気で気さくな性質だっ た。遥か遠くに眩しく輝いていた女であるロザリーを得たセザールの喜びは大きかった。もしロザリーが、かつての恋人ダビッド(サミー・フレー)と出会わな かったらその二人の仲は大人の男と女としてうまくいくはずだった。ロザリーの母シュリー(エヴァ・マリア・メインケ)の三度目の結婚パーティーの日、ダ ビッドと再会した。あれから五年の月日が経っていた。まだ青春のさなかにあったロザリーとダビッドは深く愛し合う恋人同志だった。しかしダビッドはロザ リーを置いて遠くに旅立っていってしまった。ダビッドは才能ある三十歳のデザイナーである。そんなロザリーとダビッドの関係を知る由もないセザールは、ダ ビッドの出現に不安な思いをつのらせていった。夜明け、ロザリーの姿が見えない。一心不乱に街中を探しまわるセザール。そこには、すべてを投げだして女の 心をつなぎとめようとする中年男の切ないあがきがあった。その頃、ロザリーはやはりダビッドのもとに来ていた。芸術家同志が集まる事務所には若い熱気があ ふれ、それはセザールからでは味わうことのできない快さだった。その夜、セザールは、ロザリーに“寝たか"と聞く。セザールは結局ロザリーの気持を見失っ てはまた見つけだし、そしてまた見失う。そんなセザールの気持が判りすぎるほど判っているのだが、ダビッドの求愛をはねつけることはできなかった。セザー ルは憔悴し、ダビッドを訪れた。「彼女は僕を愛している。彼女は妊娠したんだ。僕たちは結婚するよ」。セザールはロザリーのために大金を払って海岸のアト リエを買い、みんなで暮らそうといった。海がたそがれにつつまれ、娘のカトリーヌは二人に囲まれて幸せそうだった。しかし、ロザリーの心はどこか虚ろだ。 ダビッドに何通かの手紙を書いたが、梨のツブテだった。セザールは、ダビッドと別れたロザリーはぬけがらでしかないことを悟った。パリに出かけたセザール は、嫌がるダビッドを強引にアトリエに連れてくる。しかし、ロザリーはそんな二人の男を残して姿を消し去ってしまった。海岸で肩を寄せ合う二人の男。それ は、去っていったロザリーの影が、胸の奥に漁火のようにゆれているかのように見えた。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (31)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Fildebroc Productions

    フランス国内配給 :

    Cinema International Corporation (CIC)

    Foreign production companies :

    Mega Films, Paramount Orion Filmproduktion

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (2)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    二人の男に愛された美しい女の揺れ動く心理を描く。製作はアンリ・ジャッキヤール、監督は「すぎ去りし日の……」のクロード・ソーテ、脚本はジャ ン・ルー・ダバディとソーテの共同、撮影はジャン・ボフティ、音楽はフィリップ・サルド、衣裳はイヴ・サンローランがそれぞれ担当。出演はロミー・シュナ イダー、イヴ・モンタン、サミー・フレー、ウンベルト・オルシーニ、エヴァ・マリア・メインケ、ベルナール・ル・コックなど。

    Source : movie.goo.ne.jp

    クレジットタイトル詳細 (19)

    製作代表 :

    Michelle de Broca

    Screenwriters :

    Jean-Loup Dabadie, Claude Sautet

    録音技師 :

    William-Robert Sivel

    Camera operators :

    Henri Clairon, Christian Guillouet

    Editor :

    Jacqueline Thiedot

    Assistant editor :

    Marie-Thérèse Pernet

    作曲家 :

    Philippe Sarde

    Costume designer :

    Annalisa Nasalli-Rocca

    ナレーター :

    Michel Piccoli

    演出助手 :

    Paul Lemaire

    Assistant directors :

    Agnès Folgoas, Jacques Santi, Jean-Claude Sussfeld, Jean-Claude Ventura

    フォトディレクター :

    Jean Boffety

    撮影技師アシスタント :

    François Lartigue, Guy Lecouvette, Jean-Claude Marisa

    製作部長 :

    Henri Jaquillard

    Sound editor :

    Noelle Balenci

    スクリプト :

    Geneviève Cortier

    美術装飾 :

    Pierre Guffroy

    サウンド・ミキサー :

    Maurice Gilbert

    スチールマン :

    Georges Pierre

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    テーマ :

    カップル

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, ドイツ, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, ドイツ, イタリア)

    製作年 :

    1972

    フランス公開 :

    27/10/1972

    上映時間 :

    1 時間 50 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    39678

    ビザ発行日 :

    20/10/1972

    CNC助成 :

    不明

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル