このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
僕と一緒に幾日か

僕と一緒に幾日か

A 長編映画 by Claude Sautet

Produced by Ciné B, Sara Films

Release in France : 24/08/1988

  • Contents

俳優 (27)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Ciné B, Sara Films

Film exports/foreign sales :

StudioCanal Films Limited

共同製作 :

Films A2

フランス国内配給 :

Ugc

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (9)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

マルシャル(ダニエル・オートゥイユ)は、療養所を退院するが、相変らず全てに無関心、無感動で、母(ダニエル・ダリュー)の経営するフランス有数 のスーパー・マーケット・チェーンの仕事にも興味がなく、妻リューシー(エリザ・セリヴィエ)と愛人ポール(グザヴィエ・サンマカリー)の関係は公認の秘 密になっていた。とりあえず彼は社会復帰として、5都市のチェーン支店を回って帳簿視察の出張に出ることになった。しかし最初の街リモージェの支店長フォ ンフラン(ジャン・ピエール・マリエル)の不審な行動が気になった彼は一計をめぐらせ、町の名士、知事官房長マイヨット夫妻(フィリップ・ローデンバッ ク、タニヤ・ロペール)を招いたパーティーを開いているフォンフラン家を訪れ、一同を戸惑わせるが、マルシャルは学生時代の同級生でもあるフォンフラン夫 人(ドミニク・ラヴァナン)の妹レジーヌ(テレーズ・リオタール)の勧めで一夜の宿を得、同時に当家の給士フランシーヌ(サンドリーヌ・ボネール)に心魅 かれていた。そして翌朝同市にアパートを借り、スーパー経営の陣頭指揮をとるようになったマルシャルは、次第にフランシーヌとの愛も育んでゆく。しかし フォンフランに対する信頼を回復し、パリに戻ったマルシャルは、次第にフランシーヌと疎遠になってゆき、次にリモージュを訪ねた時、彼女は時の乱暴者ロッ キー(ジェラール・イスマエル)の恋人になっていた。そして、彼はフランシーヌをめぐって、ロッキーと彼女の昔の恋人フェルナン(ヴァンサン・ランドン) の恋のさやあてに巻き込まれる。独善的なロッキーに次第に嫌気を募らせるフランシーヌは、つにいある夜ロッキーともみあい、その現場に居あわせたフェルナ ンが彼を刺殺してしまう。事の次第を知ったマルシャルは、自ら犯人としてフェルナンの身代わりになることを決意する。そしてそれはフランシーヌとの新たな 愛の第一歩でもあった。

Source : movie.goo.ne.jp

Subject

ある男女の愛の行方をめぐる人々の心模様を描く。ジャン・フランソワ・ジョスランの同名小説の映画化で、エグゼキュティヴ・プロデューサーはジェ ラール・ゴルティエ、製作はマルク・ヴァドゥとエリック・ユベール、監督・脚本は「ギャルソン」のクロード・ソーテ、共同脚本はジェーローム・トネールと ジャック・フィスキ、撮影はジャン・フランソワ・ロバン、音楽はフィリップ・サルドが担当。出演はダニエル・オートゥイユ、サンドリーヌ・ボネールほか。

Source : movie.goo.ne.jp

クレジットタイトル詳細 (20)

製作代表 :

Philippe Carcassonne

原作者 :

Jean-François Josselin

フォトディレクター :

Jean-François Robin

音声アシスタント :

Denis Carquin

Production managers :

Brigitte Faure, Gérard Gaultier

Sound editor :

Marie-Thérèse Boiche

スクリプト :

Geneviève Cortier

Foley artist :

Jérôme Lévy

Costume designer :

Olga Berluti

スチールマン :

Étienne George

Assistant directors :

Francis Barrois, Catherine Charlot, Yvon Rouve

Screenwriters :

Claude Sautet, Jacques Fieschi, Jérôme Tonnerre

録音技師 :

Pierre Lenoir

撮影技師アシスタント :

Ariane Damain, Gérard Mercier, Jean-Paul Meurisse

Editor :

Jacqueline Thiedot

Assistant editor :

Christine Grenet

作曲家 :

Philippe Sarde

美術装飾 :

Carlos Conti

サウンド・ミキサー :

Jean-Paul Loublier

Location managers :

Daniel Chabannes, Marc Vade

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

心理ドラマ

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1988

フランス公開 :

24/08/1988

上映時間 :

2 時間 15 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

66533

ビザ発行日 :

22/06/1988

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66

Audio format :

モノラル

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション

セザール賞(フランス映画) - 1989

セザール賞(フランス映画) (フランス, 1989)

Selection (3)

Best Supporting Actress : Dominique Lavanant

Best Supporting Actor : Jean-Pierre Marielle

Best Actor : Daniel Auteuil