このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
やさしい女

やさしい女

A 長編映画 by Robert Bresson

Produced by Marianne Productions, Parc Film

Release in France : 26/07/1969

    あらすじ

    パリで質屋を営む男(ギイ・フランジャン)は、客が持ってくる品を鑑定して値をつけ金を融通する。ある日、若い女(ドミニク・サンダ)がやって来 て、古いカメラを男の前にさし出した。素晴らしいカメラだと男が言うと、彼女はそれをひきとって帰ってしまった。次に来た時は、まったく価値のないパイプ だった。あなただから特別にと、男が高く払うのを、彼女は受けとった。3度目に来た時、彼女は初めて口をきいた。冬の動物園で、男は彼女に求婚した。人を 愛するのは不可能だと訴える彼女に、世の中の女性はみな結婚を考えるのだと悟し彼女に承諾させた。結婚式は終り、彼の言うことに彼女は従って、つつましや かな生活が始まった。夜は映画を見たり、本やレコードを聞いたり、晴れた日曜日には野原に野菊をつみに行ったりする平穏な日々が続いた。ある日、常連客の 老婦人のカメオに彼女がとんでもない高値をつけたことから、二人の間にきれつが生じた。そして、常連客の男と彼女が親しげにしているのを見て、夫は激しい 嫉妬に悩んだ。彼女に外出の理由をきき、白いバラを誰からもらったと責める。ある日の夜明け近く、彼女が夫にピストルを向けた。眠ったふりをする彼。その 直後、彼女は病に陥り6週間寝込んだ。冬がきて、彼女は快復する。ある日彼は、彼女に別な場所で再出発したいと穏やかに語る。そして朝、彼女は晴れやかな 笑みを浮かべて、彼に忠実な妻になることを約束する。安心した彼は、旅に立った。見送った後、彼女は微笑した。そして、ベランダから飛び降りた……。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (7)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Marianne Productions, Parc Film

    フランス国内配給 :

    Paramount Pictures (France)

    Film exports/foreign sales :

    Les Acacias

    Subject

    Une femme douce (English title: A Gentle Woman) is a 1969 French drama film directed by Robert Bresson. It is Bresson's first film in color, and adapted from Fyodor Dostoevsky's short story "A Gentle Creature (Кроткая)". The film was set in Paris at the time.

    The tragic drama is characterised by Bresson's well known ascetic style, without any dynamic sequences or professional actors' experienced and excessive expressions. Dominique Sanda, starred as "a gentle woman", made her debut in the film, starting her career as an actress. Bresson chose her just as a result of her first voice call.

    The film opens with a flowing curtain, implying a young woman's suicide. Her distraught husband explores in flashbacks what led her to kill herself. The story reveals their desperate, despairing miscommunication. Their dialogue only deepened her isolation and sadness.

    Although the film applies a background of 60s Paris, such as Muséum national d'histoire naturelle and Musée National d'Art Moderne, its theme is accurate to the novella.

    Bresson subsequently made another adaptation of Dostoevsky, his next film Quatre nuits d'un rêveur (Four Nights of a Dreamer) (1971) based on White Nights.

    Source : Wikipedia.

    クレジットタイトル詳細 (8)

    原作者 :

    Dostoïevski

    シナリオライター :

    Robert Bresson

    録音技師 :

    Urbain Loiseau

    作曲家 :

    Jean Wiener

    Producer :

    Mag Bodard

    フォトディレクター :

    Ghislain Cloquet

    編集担当 :

    Raymond Lamy

    美術装飾 :

    Pierre Charbonnier

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    心理ドラマ

    テーマ :

    自殺

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1969

    フランス公開 :

    26/07/1969

    上映時間 :

    1 時間 28 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    34804

    ビザ発行日 :

    21/07/1969

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル