このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Dad Has Gone, so Did Mum

Dad Has Gone, so Did Mum

A 長編映画 by Christine Lipinska

Produced by Les Films de l'Ecluse

Release in France : 08/02/1989

  • Contents

俳優 (10)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Les Films de l'Ecluse

Film exports/foreign sales :

Editions Montparnasse

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (2)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

A husband and wife, after having an explosive argument, take off in separate directions. Each assumes that the other will return and take care of the kids, so neither rushes back home. However, it is their oldest daugher Laurette who is attending to her siblings and keeping the household running. To extend this period of parent-free living, Laurette tells a few small lies, making everyone believe that all is well. Meanwhile, she is getting closer to a certain Lucien...

クレジットタイトル詳細 (14)

製作代表 :

Yves Gasser, Christine Lipinska

せりふ作者 :

Rémo Forlani

Screenwriters :

Christine Lipinska, Rémo Forlani

録音技師 :

Henri Roux

製作部長 :

Bernard Lorain

装飾 :

Jean-Pierre Clech

キャスティング :

Marie-Claude Schwartz

Adapters/dialogue writers :

Rémo Forlani, Christine Lipinska

原作者 :

Rémo Forlani

フォトディレクター :

Alain Derobe

撮影技師アシスタント :

William Watterlot

Editor :

Marie-Claude Lacambre

作曲家 :

Jean-Marie Sénia

Costume designer :

Ghyslain Martin

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

人生ドラマ

テーマ :

思春期

言語 :

フランス語

出身 :

フランス, スイス

Original French-language productions :

不明

製作年 :

1988

フランス公開 :

08/02/1989

上映時間 :

1 時間 44 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

68005

ビザ発行日 :

20/01/1989

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー