このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
主婦マリーがしたこと

主婦マリーがしたこと

A 長編映画 by Claude Chabrol

Produced by Sofica sofinergie, MK2 Films (ex MK2)

Release in France : 14/09/1988

  • Contents

俳優 (33)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Sofica sofinergie, MK2 Films (ex MK2)

Film exports/foreign sales :

MK2 Films (ex MK2)

Co-productions :

Films A2, Les Films du Camélia

フランス国内配給 :

MK2 Films (ex MK2)

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (14)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

第二次世界大戦、ドイツ軍占領下の北フランス、ノルマンディ。この街にもナチの脅威は迫っていた。ユダヤ人狩りによる親友のラシェル(ミリアム・ダ ヴィッド)の連行を知り悲嘆にくれるマリー(イザベル・ユペール)は、ある日隣に住むジネット(マリー・ブネル)の堕胎を手伝い、お礼に彼女から蓄音機を もらう。数日後、夫のポール(フランンワ・クリュゼ)が、傷痍軍人として復員してきた。しかし既にマリーの夫への愛情は、すっかり冷えきったものになって いた。その頃からマリーは、ふとしたことで知りあった美しい娼婦のリュシー(マリー・トランティニャン)の商売用に自分の部屋を貸してやるようになり、こ の副収入のおかげで次第に暮し向きが良くなってゆく。しかし相変わらず彼女のポールに対する態度は冷淡で、やがてマリーは、リュシーの常連客で今はドイツ 軍のスパイをしているヤクザ者のリュシアン(ニルス・タヴェルニエ)と深い関係になる。そして違法の堕胎で金を稼ぐマリーは、もはや有頂天だった。しか し、そんな日々もつかのまの幸せに終わる。ある日帰宅したポールが、ベットで眠りこけているマリーとリュシアンの姿を目撃し、ついに妻の不正を匿名の手紙 で警察に知らせたからである。こうしてマリーは逮捕された。そして彼女は異例にも、国家裁判所の法廷で裁かれることになる。折り悪しくも、ドイツ軍に占領 され道徳観にこだわりだした国によって、彼女はみせしめとして国家反逆罪による極刑を求刑される。'43年6月、マリーはフランス最後の、女性のギロチン 受刑者として、その生涯を終えるのだった。

Source : movie.goo.ne.jp

Subject

ナチ占領下の北フランス、ノルマンディを舞台に、フランスの女性最後のギロチン処刑になった一女性を描いた映画であり、実話を元にしたシリアスな女性映画である。監督にクロード・シャブロル、主演はフランスを代表する演技派女優の一人イザベル・ユペール。夫役はフランソワ・クリュゼ。彼女と親友になるクールだが気の良い娼婦役にはマリー・トランティニャンが扮している。

物語は、一人の平凡な主婦が収入を得るために始めた仕事が原因で死を宣告され、刑場に引かれていくまでの過程を、いわゆるレジスタンス神話とは異なる、当時のフランス社会の描写も織り込みながら展開していく。

Source : Wikipedia

クレジットタイトル詳細 (11)

製作代表 :

Marin Karmitz

Screenwriters :

Claude Chabrol, Colo Tavernier O'Hagan

録音技師 :

Jean-Bernard Thomasson

Editor :

Monique Fardoulis

Production designer :

Françoise Benoît-Fresco

サウンド・ミキサー :

Maurice Gilbert

原作者 :

Francis Szpiner

フォトディレクター :

Jean Rabier

製作部長 :

Yvon Crenn

作曲家 :

Matthieu Chabrol

Costume designer :

Corinne Jorry

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

人生ドラマ

テーマ :

戦争

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作年 :

1988

フランス公開 :

14/09/1988

上映時間 :

1 時間 50 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

67782

ビザ発行日 :

27/09/1988

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66

Audio format :

モノラル

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション (6)

受賞

ヴェネツィア国際映画祭 - 1988

ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 1988)

賞 (2)

Golden Ciak

クープ・ボルピ最優秀女優賞 : Isabelle Huppert