このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
小さな泥棒

小さな泥棒

A 長編映画 by Claude Miller

Produced by Orly Films, Les films du Carrosse, Renn Productions, Ciné 5, Societé d'Exploitation et de Distribution de Films (SEDIF)

Release in France : 21/12/1988

  • Contents

俳優 (27)

映画製作・配給会社 (2)

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (14)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

'50年、フランス中部の小さな町。伯父夫婦(ラウール・ビルレー、シャンタル・バンリエ)と暮らす16歳の少女ジャニーヌ(シャルロット・ゲンズ ブール)は、5年前に彼女を残して去って行った母親からの手紙を待ちながら、映画と盗みに明け暮れる毎日を過ごしていた。ところがある日、洋服屋での盗み がばれ、さらに教会でお布施を盗ろうとしているところを捕まってしまい、こっぴどく叱られたジャニーヌは家を出る決心をし、住み込みのメイドとして働き始 める。やがてジャニーヌは、一日の仕事を終えて出かけた映画館でミシェル(ディディエ・ブザス)という男性と出会い、恋におちた。自分を大切にするように 悟すミシェルに、ジャニーヌはあっさりと家具職人相手に初体験を済ませ、2人は逢瀬を重ねてゆく。ミシェルの勧めでタイピスト学校に通うようになったジャ ニーヌは、ある日ここに盗みに入ろうとしていたラウール(シモン・ド・ラ・ブロス)という少年と出合い、次第に好意を寄せてあってゆく。そして遂に、ジャ ニーヌは住み込み先の家で金目の物を盗み、ラウールと共に逃亡の旅に出る。しかしテントを張った海岸で、ラウールの留守中にジャニーヌだけが警察に捕まっ てしまい、そのまま矯正院に送り込まれる。やがて情状酌量の余地なし、と判断されたジャニーヌは、ここで親しくなったモリセット(ナタリー・カルドーヌ) の恋人の手引きで脱走するのだった。モリセットの大切にしていたカメラをもらって彼女と別れたジャニーヌは、伯父の家に帰りつくが、そこには彼女の居場所 もなく、ラウールの行方も分からぬまま、カメラを手術代に堕胎してもらうのだった。ふと入った映画館で、インドシナ戦争へ向う兵士達を映したニュース・ フィルムに、ラウールの姿を認めたジャニーヌは、その夜取られたカメラを盗み出し、ひとり海岸線を走るバスに乗り旅立ってゆくのだった。

Source : movie.goo.ne.jp

Photos (7)

クレジットタイトル詳細 (19)

Assistant directors :

Valérie Othnin-Girard, Nathan Miller, Nathalie Serrault, Sherif Scouri

Dialogue Writers :

Claude Miller, Luc Béraud, Annie Miller

エグゼクティブプロデューサー :

Jean-José Richer

フォトディレクター :

Dominique Chapuis

音声アシスタント :

Jean-Pierre Lelong

製作部長 :

Daniel Chevalier

Sound editor :

Nadine Muse

スクリプト :

Annie Miller

作曲家 :

Alain Jomy

サウンド・ミキサー :

Gérard Lamps

Adapters/dialogue writers :

Claude Miller, Luc Béraud, Annie Miller

Producers :

Claude Berri, Jean-Louis Livi, Alain Vannier

Screenwriters :

François Truffaut, Claude de Givray

録音技師 :

Paul Lainé

撮影技師アシスタント :

Thierry Jault, Guillaume Schiffman, Jean-Luc Rigaut

編集担当 :

Albert Jurgenson

編集アシスタント :

Jean-Pierre Besnard

装飾 :

Jean-Pierre Kohut-Svelko

Costume designers :

Catherine Bouchard, Jacqueline Bouchard

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

ドラマ, ロマンス

テーマ :

殺人, 思春期

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1988

フランス公開 :

21/12/1988

上映時間 :

1 時間 49 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

28300

ビザ発行日 :

14/12/1988

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

カメラ

カラータイプ :

カラー

Audio format :

モノラル

Posters (4)

監督

映画祭でのセレクション (2)

受賞 (2)

セザール賞(フランス映画) - 1989

セザール賞(フランス映画) (フランス, 1989)

Cesar Award for Best Film Poster

French Syndicate of Cinema Critics - 1988

French Syndicate of Cinema Critics (1988)

French Syndicate of Cinema Critics Price