このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ポンヌフの恋人

ポンヌフの恋人

A 長編映画 by Leos Carax

Produced by Films Christian Fechner

Release in France : 16/10/1991

    あらすじ

    真 夜中のパリ、人気のないセバストポル大通りの真ん中に横たわる男の足を一台のスポーツカーが轢いていく。それをなすすべもなく見つめる子猫を抱いた女。そ の男、アレックス(ドニ・ラヴァン)は今は修理のため閉鎖中のポンヌフ橋で暮らす天涯孤独の青年で、女は恋の痛手と眼の奇病を持つ画学生ミシェル(ジュリ エット・ビノシュ)だった。数日後、収容所を抜けてポンヌフに戻ってきたアレックスはミシェルがそこで眠り込んでいるのを見つけ、橋に暮らす初老の男ハン ス(クラウス・ミヒャエル・グリューバー)に彼女をここに置いてもらうように頼む。アレックスはミシェルの親友マリオン(マリオン・スタランス)の家を訪 ね、彼女が初恋の相手であるジュリアン(クリシャン・ラルソン)に去られ、絶望に陥り放浪生活を始めたことを知った。革命200年祭を祝う夜のパリの街 を、喧噪や花火や音楽が乱れ交う。アレックスは見物客に得意の火吹き芸を披露し、その姿にミシェルは感動する。2人は互いの気持ちを確かめ合い、夜のポン ヌフ橋を踊り狂い、街をさまよい、抱き合うが、地下鉄構内でチェロの音を聞き、それがジュリアンだと分かると狂ったように捜し回るミシェルに、アレックス は彼女がやがて橋を去るのではと不安を抱く。ミシェルに放浪生活をやめ前向きに生きるよう忠告してくれたり、念願の絵を見るため美術館まで連れていってく れたりしたハンスは、自らセーヌへ身を沈めた。季節は秋となり、ある日、地下道を歩く2人の目の前に大きなミシェルのポスターが立ち塞がった。空軍大佐で あるミシェルの父が出した尋ね人のポスターであり、彼女の眼の奇病の治療法が見つかったと記されてあった。ラジオでそれを知ったミシェルは有頂天になり、 アレックスのもとを去る。次々とポスターを焼き尽くし、最後にはポスター貼りの男を車もろとも爆破、炎上させてしまったアレックスはやがて逮捕される。監 獄に入って数カ月後、突然ミシェルが現れ、互いに生まれ変わったことを確認し喜び合う。そして、2人は雪の降りしきるクリスマスの夜に再会する。時を忘れ シャンパンで祝ううち、3時の鐘を聞いたミシェルは帰ろうとするが、アレックスは彼女を道連れにセーヌの川底に落ちていく。一瞬抵抗したミシェルだった が、やがて目の前を横切った老夫婦の船に乗り、2人は2度と離れないことを誓い合うのだった。

    俳優 (11)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Films Christian Fechner

    フランス国内配給 :

    Gaumont

    共同製作 :

    France 2 Cinéma

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (21)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (22)

    製作代表 :

    Bernard Artigues, Christian Fechner, Alain Dahan

    プロデューサー :

    André Rousselet

    シナリオライター :

    Leos Carax

    フォトディレクター :

    Jean-Yves Escoffier

    Sound assistants :

    Murielle Damain, Christian Monheim

    撮影技師 :

    Marc Koninckx

    Sound editor :

    Nadine Muse

    Production Designers :

    Michel Vandestien, Irène Galitzine

    スタントマン :

    Jean-Louis Airola

    美術部長 :

    Franck Schwarz

    Sound mixers :

    Gérard Lamps, Antoine Ouvrier

    Assistant directors :

    Antoine Beau, Vincent Canaple, Ketal Guénin, Gabriel Julien-Laferrière, Faouzi Kasri

    エグゼクティブプロデューサー :

    Albert Prevost, Hervé Truffaut

    あてレコ :

    Marie Trintignant

    録音技師 :

    Henri Morelle

    撮影技師アシスタント :

    Christian Fournié, Philippe Ramdane, David Ungaro

    Editor :

    Nelly Quettier

    スクリプト :

    Brigitte Schmouker

    Foley artist :

    Elie Poicard

    Costume designer :

    Robert Nardone

    映画輸出業者 :

    Raphaël Berdugo

    演出助手 :

    Rafi Pitts

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    テーマ :


    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    はい

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1991

    フランス公開 :

    16/10/1991

    上映時間 :

    2 時間 5 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    74623

    ビザ発行日 :

    11/09/1991

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    ドルビー