このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
お家に帰りたい

お家に帰りたい

A 長編映画 by Alain Resnais

Produced by MK2 Films (ex MK2)

Release in France : 27/09/1989

  • Contents

俳優 (24)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

MK2 Films (ex MK2)

Film exports/foreign sales :

MK2 Films (ex MK2)

共同製作 :

Films A2

フランス国内配給 :

MK2 Films (ex MK2)

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (2)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

ア メリカの人気漫画家ジョーイ(アドルフ・グリーン)は国際コミック・アート展に出席するため、恋人リーナ(リンダ・ラヴィン)とパリにやって来た。2年前 パリに留学したきりの、別れた妻との娘エルシー(ローラ・ベンソン)に会うのが本当の目的だ。外国嫌いのジョーイは到着するなり文句ばかり。「家に帰りた い」と繰り返す。アート展で、ジョーイはアメリカン・カルチャーに詳しいフランス人教授ゴーティエ(ジェラール・ドパルデュー)と知り合い、彼の母イザベ ル(ミシュリーヌ・プレール)の田舎の屋敷に招かれた。ゴーティエに憧れるエルシーもふたりの後を追う。屋敷にはほかの客も大勢いて、複雑な人間関係が展 開。うんざりしたジョーイは村に逃げ出し、村人と漫画で会話するうち、そこが好きになってきた。イザベルにも気を引かれた彼は、しばらく滞在することにし た。仲の悪かったエルシーとリーナは仲良くアメリカに帰っていくのだった。

Source : movie.walkerplus.com

Subject

The project initially arose from Resnais's admiration for the plays of the American writer and illustrator Jules Feiffer. Although there was originally no intention of highlighting the comic-strip, Feiffer suggested using the character of a comic illustrator as the means of exploring American and French attitudes towards the appreciation of cartoons and comic-books. This appealed to Resnais's own longstanding enthusiasm for comic-strips, and allowed him to develop a film that was dense with references to cartoon characters and their creators. (Animated characters often appear within the frame to converse with one of the live-actors.) Resnais was also fascinated by the question of whether people could appreciate comics on the same level as a literary work such as one by Flaubert.

Another source of reference was American musical comedy, underlined by the casting in the central role of Adolph Green, writer of classic musicals such as On the Town, Singin' in the Rain, and The Bandwagon, and by the choice of John Kander, composer of Cabaret and Chicago, to provide the musical score.

The film was made predominantly in English. A dubbed French version was subsequently created (without Resnais's participation).

Source : Wikipedia.

クレジットタイトル詳細 (17)

製作代表 :

Marin Karmitz

アソシエートプロデューサー :

Christian Ferry

フォトディレクター :

Charlie Van Damme

音声アシスタント :

Sylvain Lasseur

製作部長 :

Yvon Crenn

Sound editor :

Nadine Muse

装飾 :

Philippe Turlure

Production designers :

Claude Moesching, Jacques Saulnier

サウンド・ミキサー :

Jean-Paul Loublier

監督補佐 :

Yann Gilbert

シナリオライター :

Jules Feiffer

録音技師 :

Jean-Claude Laureux

撮影技師アシスタント :

Arthur Cloquet, Gilbert Duhalde

編集担当 :

Albert Jurgenson

Assistant editors :

Martine Fleury, Élisabeth Guido

作曲家 :

John Kander

Costume designer :

Catherine Leterrier

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

コメディー

言語 :

フランス語

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス

製作年 :

1989

フランス公開 :

27/09/1989

上映時間 :

1 時間 45 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

67397

ビザ発行日 :

06/09/1989

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

Audio format :

ステレオ

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション (2)

ヴェネツィア国際映画祭 - 1989

ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 1989)

Selection

公式コンペティション

受賞

ヴェネツィア国際映画祭 - 1989

ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 1989)

賞 (2)

パシネッティ賞

oselle d'or賞 : Jules Feiffer