このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
危険な関係('59)

危険な関係('59)

A 長編映画 by Roger Vadim

Produced by Marceau-Cocinor

Release in France : 09/09/1959

    あらすじ

    外交官ヴァルモン夫妻と言えばパリの上流社会でも最も洗練されたカップルである。このカップルはまことに不思議な夫婦であった。妻ジュリエット(ジャン ヌ・モロー)は、多くの男と関係をしながらも、夫ヴァルモン(ジェラール・フィリップ)を誰よりも愛していたし、夫ヴァルモンとて次々に女を変えながら も、一番愛しているのはジュリエットであった。しかも二人はお互のアヴァンチュールを報告し合うばかりか、その始末まで共謀でやっているのだ。パーティの 夜、ジュリエットは別れようと考えていた愛人ジェリ・コート(ニコラス・ヴォーゲル)が若いセシル(ジャンヌ・ヴァレリー)と婚約したのを知った。一寸し た復讐心から、彼女は夫ヴァルモンにセシルの純潔を踏みにじらせてからコートに渡してやろうとする。ヴァルモンはセシルがクリスマスを過ごしているメ ジューヴでセシルを難なく物にした。セシルはまた、金持のコートと婚約しながら、真面目なダンスニ(ジャン・ルイ・トランティニャン)と恋をささやいてい るチャッカリ娘でもあった。ヴァルモンはセシルを簡単に手に入れたが、メジェーヴで会ったマリアンヌ夫人(アネット・ヴァディム)に心を奪われてしまっ た。あらゆる手をつくして彼はマリアンヌに迫ったが、彼女は難攻不落であった。ヴァルモンの彼女に対する気持はとうとう本物の恋になってしまった。遂にマ リアンヌもヴァルモンの情熱に屈した。夫のそんな変化にジュリエットはいささか驚いた。そして策をめぐらし無理矢理二人の仲を割いた。だが二人の仲にはし こりが残り、マリアンヌは夫への仕返しにダンスニを情人にしようとした。ところがヴァルモンとセシルの仲を知らされたダンスニは、怒りのあまりヴァルモン を殺してしまった。警察が事情をしらべる前に、マリアンヌは二人の間に交された情事の手紙を焼きすてようとしたが、あやまって顔にやけどをしてしまう。ス キャンダルはひろまった。つめかけた新聞記者を前にして、だがマリアンヌは無惨に醜くなった顔を、昂然と上げていた。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (26)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Marceau-Cocinor

    フランス国内配給 :

    Cocinor

    Film exports/foreign sales :

    TF1 Studio (ex-TF1 International)

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (18)

    Assistant directors :

    Jacques Poitrenaud, Serge Marquand, Jean-Michel Lacor

    原作者 :

    Choderlos de Laclos

    Screenwriters :

    Roger Vadim, Roger Vailland, Claude Brule

    録音技師 :

    Robert Biard

    撮影技師アシスタント :

    André Marquette

    製作部長 :

    Léopold Schlosberg

    スクリプト :

    Suzanne Durrenberger

    作曲家 :

    Thelonious Monk

    スチールマン :

    Serge Beauvarlet

    せりふ作者 :

    Roger Vailland

    プロデューサー :

    Edmond Tenoudji

    フォトディレクター :

    Marcel Grignon

    音声アシスタント :

    Victor Revelli

    撮影技師 :

    Raymond Lemoigne

    編集担当 :

    Victoria Mercanton

    装飾 :

    Robert Guisgand

    Costume designer :

    Gladys de Segonzac

    演出助手 :

    Michel Choquet

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    心理ドラマ

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1959

    フランス公開 :

    09/09/1959

    上映時間 :

    1 時間 45 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    21575

    ビザ発行日 :

    09/09/1959

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル