このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
突然炎のごとく - berbert

突然炎のごとく

A 長編映画 by François Truffaut

Produced by Les films du Carrosse, Societé d'Exploitation et de Distribution de Films (SEDIF)

Release in France : 23/07/1962

  • Contents

俳優 (12)

映画製作・配給会社 (3)

Film exports/foreign sales :

MK2 Films (ex MK2)

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (13)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

オーストリアの青年ジュール(オスカー・ヴェルナー)はフランス青年のジム(アンリ・セール)と知り合い、友達になった。2人とも詩や小説を書いている文 学青年だった。2人はある時、幻燈を見て、アドリア海の島にある美術公園の女の顔に魅了された。それからしばらくして、2人はカトリーヌ(ジャンヌ・モ ロー)という女と知り合い、胸をときめかせた。彼女は島の彫像の女と瓜ふたつだったからだ。ジュールは彼女との結婚を熱望して求婚し、2人はパリの同じア パートに住んだ。 ジムは出版社と契約ができて作家生活の第1歩をふみ出しだ。3人で芝居見物に行った帰り、ジュールが芝居の議論に熱中すると、カトリーヌは突然セーヌ河に 飛び込んだりして2人を慌てさせた。やがて第一次世界大戦が始まり、ジュールとジムはそれぞれの祖国の軍人として戦線へ行ったが、ともに生きて祖国へ帰っ た。歳月は流れる。ライン河上流の田舎に住む山小屋にジムは招待された。その頃、ジュールとカトリーヌの間には6つになる娘もいたが、2人の間は冷えきっ ていた。ジュールはジムに彼女と結婚してくれと頼むのだったが、自分も側に置いてもらうという条件だった。3人の奇妙な共同生活が始まった。カトリーヌに は、ほかにも男がいた。ジムは瞬間しか人を愛せない彼女に絶望し、パリへ帰って昔の愛人とヨリを戻した。数ヶ月後、カトリーヌは自分の運転する車にジムを 乗せて疾走させ、壊れた橋から転落して行った。ジュールは2つの棺を火葬場に運ばせた。これでカトリーヌは永遠にジュールのものとなった。

Source : movie.goo.ne.jp

Subject

Jules and Jim (French: Jules et Jim) is a 1962 French film directed by François Truffaut based on Henri-Pierre Roché's semi-autobiographical novel about his relationship with writer Franz Hessel and his wife, Helen Grund.
Truffaut came across the book in the mid-1950s whilst browsing through some secondhand books in Paris and later befriended the elderly Roché. The author approved of the young director's attempt to translate his work to another medium.
The soundtrack by Georges Delerue was named as one of the "10 best soundtracks" by Time magazine in its "All Time 100 Movies" list.

Style

One of the seminal products of the French New Wave, Jules and Jim is an inventive encyclopedia of the language of cinema that incorporates newsreel footage, photographic stills, freeze frames, panning shots, wipes, masking, dolly shots, and voiceover narration (by Michel Subor). Truffaut's cinematographer was Raoul Coutard, a frequent collaborator with Jean-Luc Godard, who employed the latest lightweight cameras to create an extremely fluid film style. For example, some of the postwar scenes were shot using cameras mounted on bicycles. The evocative musical score is by Georges Delerue. One song, "Le Tourbillon" ("The Whirlwind"), which sums up the turbulence of the lives of the three main characters, became a popular hit. The dialogue is predominantly in French, with occasional lines in German and one line in English.

Jeanne Moreau incarnates the style of the Nouvelle Vague actress. The critic Ginette Vincindeau has defined this as, "beautiful, but in a kind of natural way; sexy, but intellectual at the same time, a kind of cerebral sexuality, — this was the hallmark of the nouvelle vague woman." Though she isn't in the film's title Catherine is "the structuring absence. She reconciles two completely opposed ideas of femininity".

Source : Wikipedia

クレジットタイトル詳細 (17)

Assistant directors :

Robert Bober, Florence Malraux, Georges Pellegrin

Dialogue Writers :

François Truffaut, Jean Gruault

プロデューサー :

François Truffaut

Screenwriters :

François Truffaut, Jean Gruault

撮影技師 :

Claude Beausoleil

Editor :

Claudine Bouché

装飾 :

Fred Capel

Costume designer :

Fred Capel

スチールマン :

Raymond Cauchetier

Adapters/dialogue writers :

François Truffaut, Jean Gruault

原作者 :

Henri-Pierre Roché

エグゼクティブプロデューサー :

Marcel Berbert

フォトディレクター :

Raoul Coutard

製作部長 :

Maurice Urbain

スクリプト :

Suzanne Schiffman

作曲家 :

Georges Delerue, Serge Rezvani

ナレーター :

Michel Subor

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

人生ドラマ

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

はい

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1961

フランス公開 :

23/07/1962

上映時間 :

1 時間 42 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

23636

ビザ発行日 :

24/11/1961

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

白黒

Posters (8)

監督

ニュース (2)

映画祭でのセレクション (7)

受賞