このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
小間使の日記

小間使の日記

A 長編映画 by Luis Bunuel

Produced by Ciné Alliance, Speva films, Filmsonor Marceau

Release in France : 04/03/1964

    あらすじ

    セレスチーヌ(ジャンヌ・モロー)はパリで侯爵夫人邸の小間使いをしていたが、都会が嫌になり田舎町のモンテイユ ウ家に奉公した。そこは家つき娘の夫人が実権を握り、夫(ミシェル・ピッコリ)は狩猟と女漁りの好きな田舎紳士、夫人の父親も婦人靴を異常に愛する癖があ り、下男のジョゼフ(ジョルジュ・ジェレ)も変った性格の持ち主だった。セレスチーヌは老人の身の廻りの世話をすることになったが、早くもモンテイユウ氏 が淫らな目を向けはじめ、老人も夜毎彼女に靴をはかせて楽しんでいた。隣家には退役大尉、モージェ氏が住んでいたが、両家の仲は大変悪い。ある日老人が急 死、その日から近くに住む少女が行方不明になった。セレスチーヌは二つの出来事のために、パリへ帰ろうと決心した。駅で、警官らの話をなにげなく聞いた彼 女は決心をかえてモンテイユウ家に引きかえした。犯行後六日目で死体が発見されたのだが、現場をジョセフが通っている。犯人は彼かもしれない、そう思った のだ。彼女は証拠を握ろうと彼の部屋に忍びこみ、血のついたシャツを発見した。裁判所で話そうとしたが多忙な判事は会ってくれない。この上は彼自身に犯行 を認めさせよう。そのためには彼と肉体的に結ばれれば、そう考えて彼のベッドに行った。婚約までして、彼女は自白させることに成功、ジョゼフは逮捕され た。彼女に惹かれていたモージェは結婚を申しこんできた。大尉夫人としての生活は小間使いのセレスチーヌにとっては魅力。教会で式をあげた日、彼女はジョ ゼフが証拠不十分で釈放になったのを知った。何ヵ月か後、ジョゼフは別の女と結婚、セレスチーヌは大尉夫人として新しい生活を楽しんでいた。しかし、心の 底ではこの単調な生活にも、失望を感じていた。

    Source : movie.walkerplus.com

    俳優 (24)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Ciné Alliance, Speva films, Filmsonor Marceau

    Film exports/foreign sales :

    Lumière International

    海外製作作品 :

    Dear Film

    フランス国内配給 :

    Cocinor

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (4)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Photos (3)

    クレジットタイトル詳細 (17)

    製作代表 :

    Michel Safra, Serge Silberman

    Adapters/dialogue writers :

    Luis Bunuel, Jean-Claude Carrière

    原作者 :

    Octave Mirbeau

    録音技師 :

    Antoine Petitjean

    撮影技師アシスタント :

    René Schneider

    Production managers :

    Henri Baum, Ully Pickardt

    Assistant editor :

    Arlette Lalande

    装飾 :

    Georges Wakhevitch

    スチールマン :

    Jean-Louis Castelli

    Assistant directors :

    Juan Luis Buñuel, Pierre Lary

    Dialogue Writers :

    Luis Bunuel, Jean-Claude Carrière

    フォトディレクター :

    Roger Fellous

    音声アシスタント :

    Robert Cambourakis

    撮影技師 :

    Adolphe Charlet

    Editors :

    Luis Bunuel, Louisette Hautecoeur

    スクリプト :

    Suzanne Durrenberger

    Costume designer :

    Georges Wakhevitch

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    テーマ :

    情愛, 性行為

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    スペイン, イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (スペイン, イタリア, フランス)

    製作年 :

    1964

    フランス公開 :

    04/03/1964

    上映時間 :

    1 時間 33 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    27516

    ビザ発行日 :

    02/03/1964

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    スコープ

    Audio format :

    モノラル

    Posters (10)

    監督