このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
天井桟敷の人々 - © Collection Jérôme Seydoux - Pathé

天井桟敷の人々

A 長編映画 by Marcel Carné

Produced by Pathé Production

Release in France : 29/03/1946

    あらすじ

     フランス映画史に残る古典として知らぬ者のない名作だ。時の摩耗にも耐えて、常にフランス映画の顔として君臨してきた作品。プレヴェール=カルネのコン ビの数ある“詩的リアリズム”作品の中でも、人間絵巻としてのボリューム感、横溢するロマンチシズム、純化された19世紀の風俗再現と、類を見ない、フラ ンス人にとっての永遠の一作なのだ。1840年代パリのタンプル大通り。パントマイム役者バティスト(バロー)は、裸に近い踊りで人気のガランス(アル レッティ)に恋をする。犯罪詩人ラスネールや俳優ルメートルも彼女に夢中だ。一方、バティストの属する一座の座長の娘ナタリーはバティストを愛していた。 ラスネールと悶着のあったガランスもその一座に加わるが、彼女の前には新たな崇拝者モントレー伯が現れる……、とここまでが第一部。第二部は、5年後のバ ティストはナタリーと、ガランスは伯爵と結婚。前者には一子もあった。が、ガランスを忘れられぬバティストはルメートルの手引きで彼女と再会。一方、劇場 で伯爵の侮辱を受けたラスネールはトルコ風呂で彼を襲撃し殺す。一夜を明かしたバティストとガランスの前には子連れのナタリーの姿が……。ガランスは身を 引く覚悟を決め、カーニバルの雑踏の中に消えていく。後を追うバティストの彼女の名を呼ぶ声、この壮大なラストシーンと、純粋すぎるほどに熱いバローの名 演、アルレッティの妖艶さは、まさに古典たるに相応しい風格を持って、映画の未来にも永遠に記憶されるに違いない。

    Source : allcinema.net

    俳優 (43)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Pathé Production

    フランス国内配給 :

    Pathé Consortium Cinéma

    Film exports/foreign sales :

    Pathé Distribution

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (16)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    『天井桟敷の人々』(てんじょうさじきの ひとびと、原題:Les enfants du Paradis「天国の子供たち」)は、第二次世界大戦中、ヴィシー政権下のフランスで製作された映画。製作期間3年3ヵ月、製作費16億円は、当時としては破格の規模。また各国の映画評論家から高い評価を受ける作品でもある。

    「犯罪大通り」(Le Boulevard du Crime) と「白い男」(L'Homme Blanc) の2幕構成になっている。1946年、ヴェネツィア国際映画祭で特別賞を受賞。1979年、セザール賞特別名誉賞を受賞。同年フランス映画史上ベストワンに選ばれる。

    日本でも1980年、キネマ旬報日本公開映画外国映画史上ベストワンに選ばれた。

    「愛し合う者同士にはパリも狭い」といった名台詞を生み出したジャック・プレヴェールの脚本でも知られる。

    Source : Wikipedia.

    Photos (4)

    クレジットタイトル詳細 (14)

    監督補佐 :

    Pierre Blondy

    せりふ作者 :

    Jacques Prévert

    シナリオライター :

    Jacques Prévert

    Sound recordists :

    Jean Monchablon, Robert Teisseire

    Production managers :

    Fred Orain, André Paulvé, Raymond Borderie

    Production Designers :

    Léon Barsacq, Raymond Gabutti, Alexandre Trauner

    Costume designer :

    Antoine Mayo

    Adapter/dialogue writer :

    Jacques Prévert

    Producers :

    Raymond Borderie, Adrien Remaugé

    Directors of Photography :

    Roger Hubert, Philippe Agostini

    Camera operators :

    Billy Villerbue, André Domage, Maurice Pecqueux

    Editors :

    Henri Rust, Madeleine Bonin

    作曲家 :

    Maurice Thiriet, Joseph Kosma

    スチールマン :

    Léo Mirkine, Roger Forster, Henri Caruel

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    テーマ :

    愛, 演劇

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    はい

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1943

    フランス公開 :

    29/03/1946

    上映時間 :

    3 時間 10 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    271

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル

    Posters (2)

    監督

    ニュース

    映画祭でのセレクション (12)

    受賞

    オスカー  - 1947

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1947)

    Oscar for Best Original Screenplay : Jacques Prévert