このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Mata Hari, Agent H21

Mata Hari, Agent H21

A 長編映画 by Jean-Louis Richard

Produced by Les films du Carrosse, Filmel

Release in France : 29/01/1965

  • Contents

俳優 (27)

映画製作・配給会社 (5)

共同製作 :

Simar Films

Film exports/foreign sales :

Diaphana Films

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

Mata Hari, a beautiful Javanese dancer, became a spy for Germany in 1914. On the orders of a certain Ludovic, she leads François Lassalle to her place with the aim of stealing precious documents from him. She accomplishes her mission, but falls in love with the officer. She has to undertake a new mission. François, desperately jealous, breaks off with her. After initially hiding out in Spain, Mata Hari returns to France in the hope of finding her lover. Caught by a German patrol, François is killed. Betrayed by the Germans, Mata Hari is shot in the Vincennes trenches.

Photos (9)

クレジットタイトル詳細 (13)

製作代表 :

Eugène Lepicier

Adapter/dialogue writer :

François Truffaut

プロデューサー :

Eugène Lepicier

フォトディレクター :

Michel Kelber

製作部長 :

Georges Casati

装飾 :

Claude Pignot

Costume designer :

Pierre Cardin

Assistant directors :

Jean-Pierre Léaud, Christian de Chalonge

せりふ作者 :

François Truffaut

Screenwriters :

Jean-Louis Richard, François Truffaut

録音技師 :

André Hervée

Editor :

Kenout Peltier

作曲家 :

Georges Delerue

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

ドラマ, ロマンス, 歴史的

テーマ :

戦争, スパイ

言語 :

フランス語

出身 :

フランス, イタリア

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (フランス, イタリア)

製作年 :

1964

フランス公開 :

29/01/1965

上映時間 :

1 時間 33 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

29232

ビザ発行日 :

26/01/1965

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

白黒

Audio format :

モノラル