このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
女の復讐

女の復讐

A 長編映画 by Jacques Doillon

Produced by Sara Films

Release in France : 10/01/1990

  • Contents

俳優 (11)

映画製作・配給会社 (3)

製作代表 :

Sara Films

フランス国内配給 :

AMLF

Film exports/foreign sales :

StudioCanal

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (7)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

一年前に死んだ夫アンドレにスージー(ベアトリス・ダル)という愛人がいたことを知った妻セシル(イザベル・ユペール)は、駆り立てられるように彼 女のもとへ向かう。突然のセシルの出現に動揺するスージーだったが、やがて一人の男を愛した2人の間に嫉妬と猜疑を伴った奇妙な共犯関係が生まれてゆく。 そこへ新たにセシルの現在の愛人ステファン(ジャン・ルイ・ミュラ)が加わる。3人で一緒に過ごすうち、スージーは危険な罠を感じつつもステファンに魅か れ、関係を持ってしまう。案の定セシルはそれを知ると憎悪をむき出しにしてスージーを追い詰めた。そんなある日、スージーのしたことが原因でセシルが2人 の男に乱暴されるという事件が起き、セシルは放心状態になってしまう。今や2人の力関係は目まぐるしく入れ替わり、憎悪と罪悪感のはざまで感情の緊迫状態 は極限にまで達しようとしていた。その均衡はついに一発の銃声によって破られた。スージーが自らの胸を撃ちぬいたのである。それはセシルの思惑通りのはず だったにもかかわらず、どうやら勝ったのはスージーの方だったらしい。彼女の死に顔を見たセシルは初めて自らの内面の真実を知り、それに耐えかねたかのよ うにその場を逃げ出したのだった。

Source : movie.goo.ne.jp

クレジットタイトル詳細 (16)

製作代表 :

Alain Sarde, Christine Gozlan

原作者 :

Dostoïevski

フォトディレクター :

Patrick Blossier

音声アシスタント :

Pascal Metge

報道担当(映画) :

Claude Davy

Assistant editor :

Nathalie Hubert

美術装飾 :

Raoul Gimenez

スチールマン :

Moune Jamet

Assistant directors :

Etienne Albrecht, Bénédicte Darblay

Screenwriters :

Jacques Doillon, Jean-Francois Goyet

録音技師 :

Jean-Pierre Duret

撮影技師アシスタント :

Nathalie Durand, Benoît Chamaillard

Editor :

Catherine Quesemand

Foley artist :

Pascal Chauvin

サウンド・ミキサー :

Dominique Hennequin

演出助手 :

Frédéric Lary

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

心理ドラマ

言語 :

フランス語

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス

製作年 :

1989

フランス公開 :

10/01/1990

上映時間 :

2 時間 13 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

69783

ビザ発行日 :

11/11/1989

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

Audio format :

ステレオ

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション (2)