このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
二重の鍵

二重の鍵

A 長編映画 by Claude Chabrol

Produced by Paris Film Production

Release in France : 04/12/1959

    あらすじ

    日曜の朝、しどけない姿で女中のジュリーが窓から身を乗りだしている。--マルクウ家は南仏の町エックス・アン・プロヴァンスの郊外の邸宅だ。当主のアンリは隣りの家に、若い愛人レダを住まわせていた。日本にいた外交官の娘で、教養がある。それに美しい。老妻のテレーズのみにくさは、どうだ。第一、その偽善ぶりが気にいらない。母親っ子の長男リシャールは変質的で、音楽気違いだ。父の気にいりの娘エリザベトには、婚約者がいる。ハンガリー系の無国籍者ラズロだ。彼が夫にレダを紹介したのだと、テレーズは憎んでいる。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (12)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Paris Film Production

    Film exports/foreign sales :

    StudioCanal Films Limited

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    脚本と台詞は「いとこ同志」でシャブロルに協力したポール・ジェゴフ、撮影は「大人は判ってくれない」のアンリ・ドカエ、音楽はポール・ミスラキ と、いずれも、「いとこ同志」のスタッフ。出演はマドレーヌ・ロバンソン(この作品で五九年度ヴェニス映画祭女優演技賞を獲得している)「墓にツバをかけ ろ」のアントネラ・ルアルディ、「勝手にしやがれ」のジャン・ポール・ベルモンド、「反乱」のジャック・ダクミーヌのほか、ジャンヌ・ヴァレリー、ベルナ デット・ラフォン、アンドレ・ジョスランの新人たちである。製作ロベール・アキムおよびレイモン・アキム。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

    アメリカの推理作家スタンリー・エリンの『ニコラス街の鍵』を原作に、「いとこ同志」のクロード・シャブロルが初めてスリラー映画を監督した。脚本と台詞 は「いとこ同志」でシャブロルに協力したポール・ジェゴフ、撮影は「大人は判ってくれない」のアンリ・ドカエ、音楽はポール・ミスラキと、いずれも、「い とこ同志」のスタッフ。出演はマドレーヌ・ロバンソン(この作品で五九年度ヴェニス映画祭女優演技賞を獲得している)「墓にツバをかけろ」のアントネラ・ ルアルディ、「勝手にしやがれ」のジャン・ポール・ベルモンド、「反乱」のジャック・ダクミーヌのほか、ジャンヌ・ヴァレリー、ベルナデット・ラフォン、 アンドレ・ジョスランの新人たちである。製作ロベール・アキムおよびレイモン・アキム。

    Source : movie.goo.ne.jp

     

    クレジットタイトル詳細 (16)

    製作代表 :

    Robert Hakim, Raymond Hakim

    Adapter/dialogue writer :

    Paul Gegauff

    Screenwriters :

    Paul Gegauff, Claude Chabrol

    録音技師 :

    Jean-Claude Marchetti

    撮影技師 :

    Jean Rabier

    編集担当 :

    Jacques Gaillard

    Production Designers :

    Jacques Saulnier, Bernard Evein

    Costume designer :

    Jeannine Vergne

    Assistant directors :

    Charles Bitsch, Philippe de Broca

    原作者 :

    Stanley Ellin

    フォトディレクター :

    Henri Decaë

    撮影技師アシスタント :

    Pierre Ginet, Jean-Paul Schwartz

    製作部長 :

    Ralph Baum

    スクリプト :

    Jacqueline Parey

    作曲家 :

    Paul Misraki

    演出助手 :

    Jean Pieuchot

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    殺人

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, イタリア)

    製作年 :

    1959

    フランス公開 :

    04/12/1959

    上映時間 :

    1 時間 40 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    22137

    ビザ発行日 :

    15/10/1959

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション (2)

    Moscow - International Film Festival - 2010

    Moscow - International Film Festival (ロシア, 2010)

    Selection

    Claude Chabrol Retrospective

    ヴェネツィア国際映画祭 - 1959

    ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 1959)

    Selection

    公式コンペティション

    受賞

    ヴェネツィア国際映画祭 - 1959

    ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 1959)

    クープ・ボルピ最優秀女優賞 : Madeleine Robinson