このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
赤いシュート

赤いシュート

A 長編映画 by Nanni Moretti

Produced by Banfilm

Release in France : 29/11/1989

  • Contents

俳優 (6)

映画製作・配給会社

製作代表 :

Banfilm

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (5)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

イ タリア共産党の若き指導者で、名門水球チームの選手でもあるミケーレ・アピチェッラ(ナンニ・モレッティ)は、シチリアで開催される水球選手権試合に出場 するため、車を走らせている途中交通事故に遭い、軽い記憶喪失に陥ってしまう。子供の頃の記憶以外は不鮮明な認識しかない状態のミケーレに、水球試合の行 われているプールで多くの人物が一方的に語りかけてくる。共産党の路線変更について質問する女性記者(マリエッラ・ヴァレンティーニ)、学生運動を回想す る友人、カトリックの神学者、そして感情をむき出しにするチームのコーチ(シルヴィオ・オルランド)…。ミケーレのチームが劣勢のまま試合は進む。場内の カフェテリアのテレビでは「ドクトル・ジバゴ」が放映されている。次第に記憶が蘇ってくるミケーレ。テレビの政治討論会、学生運動家としての若き日々、そ して優しかった母親…。テレビの映画が終わりに近づくと、場内すべての人々がテレビの前に集まってくる。皆が見守る中、悲劇的なラストを迎えるが、劇中の ジバゴに気づかないララに向かって「気づけ!」と叫ぶミケーレ。映画が終わって再開された試合は白熱し、チームの勝敗を決するファウル・シュートがミケー レに託される。左右どちらを狙うか迷うミケーレは、シュートを放つ瞬間に気が変わり、結局失敗する。試合の後すべての記憶を取り戻し、娘ヴァレンティーナ (アーシア・アルジェント)と帰途につくミケーレだったが、再び事故に遭い2人の乗った車は横転する。集まってきた人々と、車から出てきた2人の背後にハ リボテの太陽が昇る。その太陽をつかもうとするかのように手を伸ばす人々の中に、幼年時代のミケーレの姿があった。

クレジットタイトル詳細 (10)

製作代表 :

Nella Banfi

Foreign producers :

Angelo Barbagallo, Nanni Moretti

録音技師 :

Franco Borni

製作部長 :

Luigi Lagrasta

Production Designers :

Giancarlo Basili, Leonardo Scarpa

シナリオライター :

Nanni Moretti

フォトディレクター :

Giuseppe Lanci

撮影技師 :

Fabio Conversi

編集担当 :

Mirco Garrone

作曲家 :

Nicola Piovani

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

人生ドラマ

言語 :

イタリア語

出身 :

フランス, イタリア

Original French-language productions :

不明

製作国 :

ごく一部フランス (フランス, イタリア)

製作年 :

1989

フランス公開 :

29/11/1989

上映時間 :

1 時間 26 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

69877

ビザ発行日 :

29/11/1989

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

Audio format :

モノラル