このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
逃げ去る恋

逃げ去る恋

A 長編映画 by François Truffaut

Produced by Soprofilms, Societé d'Exploitation et de Distribution de Films (SEDIF), Les films du Carrosse

Release in France : 24/01/1979

    あらすじ

    今は印刷所に勤めているアントワーヌは、働きながら自伝的な恋愛小説を出版している。レコード店に勤めるサビーヌと付き合う一方で、別居していた妻 クリスチーヌとはフランス初の協議離婚をする。音楽学院の合宿に行く息子のアルフォンスを駅まで送りにいったとき、アントワーヌの初恋の相手コレットに再 会する。

    Source : Wikipedia

    俳優 (20)

    映画製作・配給会社 (3)

    Film exports/foreign sales :

    MK2 Films (ex MK2)

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

     解説

        コレットが出張に行くのは『暗くなるまでこの恋を』のエクス=アン=プロヴァンス。
        映画館で上映中の映画は『私のように美しい娘』。
        ダニ演ずるリリアーヌは『アメリカの夜』から再登場。『アメリカの夜』でリリアーヌに振られる男はジャン=ピエール・レオ演ずるアルフォンスだが、アントワーヌの息子の名前もアルフォンスになっている。
        アントワーヌがコレットを追って飛び乗った列車の中のシーンは、アルフレッド・ヒッチコック監督の『北北西に進路を取れ』、特急列車を警報装置で止めて降りるシーンは『三十九夜』のパロディー。
        アントワーヌの新しい小説の題名「悪童(サル・ゴッス)の写本」はヴォイチェク・ハス監督のポーランド映画『サラゴッサの写本』をもじったもの。
        リリアーヌとクリスチーヌが一緒に描くポスターはエリック・ロメール監督の『聖杯伝説』。この映画の撮影監督も本作同様アルメンドロスだったのだが、興行的には失敗だった。
        クリスチーヌのセリフ「紙で鼻をかむのはまっぴら」は『夜霧の恋人たち』と『家庭』でのアントワーヌのセリフと同じ。
        ラストでの試聴室に入っていくカップルはリシャール・カナヤン夫妻。リシャール・カナヤンは『ピアニストを撃て』のシャルル・アズナヴールの弟役、『大人は判ってくれない』では教室でノートを破り捨てていく少年の役を演じた。

    Source : Wikipedia

     

    Photos (6)

    クレジットタイトル詳細 (17)

    Assistant directors :

    Suzanne Schiffman, Emmanuel Clot, Nathalie Seaver

    Screenwriters :

    François Truffaut, Marie-France Pisier, Jean Aurel, Suzanne Schiffman

    録音技師 :

    Michel Laurent

    Camera operator :

    Dominique Le Rigoleur

    Editor :

    Martine Barraqué

    スクリプト :

    Christine Pellé

    Art directors :

    Pierre Gompertz, Jean-Louis Poveda

    Costume designer :

    Monique Dury

    サウンド・ミキサー :

    Jacques Maumont

    プロデューサー :

    François Truffaut

    フォトディレクター :

    Nestor Almendros

    撮影技師アシスタント :

    Florent Bazin, Emilio Pacull

    Production managers :

    Marcel Berbert, Geneviève Lefevre

    Assistant editors :

    Jean Gargonne, Corinne Lapassade

    装飾 :

    Jean-Pierre Kohut-Svelko

    作曲家 :

    Georges Delerue

    メイク :

    Thi-Loan Nguyen

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ, ロマンス

    テーマ :

    離婚

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1979

    フランス公開 :

    24/01/1979

    上映時間 :

    1 時間 35 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    48607

    ビザ発行日 :

    15/01/1979

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー&白黒

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル

    禁止 :

    なし

    Posters (4)

    監督

    映画祭でのセレクション (4)

    受賞

    セザール賞(フランス映画) - 1980

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1980)

    César Award for Best Original Score : Georges Delerue