このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Paulina s'en va

Paulina s'en va

A 長編映画 by André Téchiné

Produced by Dovidis

Release in France : 12/03/1975

    あらすじ

    Paulina s'en va (Paulina is Leaving) (1969) tells the story of Paulina, who drifts aimlessly, struggling to find a way out of her disenchantment and find her calling in life.

    俳優 (9)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Dovidis

    Film exports/foreign sales :

    Wide

    Associate producer :

    Télé Hachette

    フランス国内配給 :

    Les Films de la Seine

    Subject

    Initially conceived as a short. The film was shot in two periods, over one week in 1967 and two weeks in 1969. The film, shown at that year's Venice Film Festival, disconcerted audiences and was not actually released until 1975. In the meantime, Téchiné experimented with references to different genres and auteurs while providing screenplays for other directors, including Liliane Kermadec (de)'s Aloïse.

    Source : Wikipédia.

    Photos (2)

    クレジットタイトル詳細 (7)

    プロデューサー :

    Pierre Neurrisse

    Sound recordists :

    Bernard Aubouy, René-Jean Bouyer

    Directors of Photography :

    Pierre-William Glenn, Jean Gonnet

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1969

    フランス公開 :

    12/03/1975

    上映時間 :

    1 時間 30 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    35725

    ビザ発行日 :

    13/06/1972

    CNC助成 :

    不明

    カラータイプ :

    白黒

    Audio format :

    モノラル