このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
夜霧の恋人たち - © Raymond Cauchetier

夜霧の恋人たち

A 長編映画 by François Truffaut

Produced by Les Productions Artistes Associés, Les films du Carrosse

Release in France : 04/09/1968

  • Contents

俳優 (26)

映画製作・配給会社 (3)

Film exports/foreign sales :

MK2 Films (ex MK2)

International releases

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

陸軍を除隊になったアントワーヌ(J・P・レオ)は、その足で昔のガール・フレンドのクリスティーヌ(C・ジャド)を訪ねたが、彼女はスキーに行っていな かった。アントワーヌはホテルの夜警の仕事をみつけたが、アンリという私立探偵とその依頼人を、密通中の部屋に通したことからクビになってしまった。アン リの紹介でアントワーヌは私立探偵になることにした。訓練も終りアントワーヌに大きな仕事が与えられた。大きな靴店をやっているタバール氏はすべての人に きらわれているという妄念に悩まされており、その調査をアントワーヌがやることになったのだ。アントワーヌは倉庫の係員として、靴店に入りこみ、店員たち が主人をきらっている理由を調べた。万事うまく運んだが、タバール夫人(D・セーリグ)との出会がすべてをダメにした。彼女の美しさにアントワーヌがま いってしまい、恋に陥ってしまった。その自分が恥ずかしく、アントワーヌは店をやめた。彼は夫人に別れの手紙をかいた。翌朝早く、夫人がアントワーヌを訪 ねて来た。二人は最初でそして最後の抱擁をかわした。数日後、アンリが心臓マヒで死んだ。アントワーヌは私立探偵をやめた。次に彼は修理人になった。そん な彼を家によぶため、クリスティーヌはわざとテレビを壊し、修理店に電話した。やって来たアントワーヌとクリスティーヌは、大きなベッドの中に消えた。

Source : movie.goo.ne.jp

Subject

References to Other Truffaut Films
Early in the film Doinel can seen reading a French translation of the 1947 William Irish (Cornell Woolrich) novel Waltz into Darkness. This novel would be the source of Truffaut's next film, Mississippi Mermaid.
The character Colette Tazzi and her husband Albert make a brief cameo appearance. She chides Doinel for not contacting her, saying he didn't used to be "afraid of the telephone." This is a reference to the plot of the 1962 short Antoine and Colette.

Critical Reaction
Stolen Kisses was well-reviewed by critics all over the world. In an enthusiastic article from the New York Times (March 4, 1969) Vincent Canby comments:

With what can only be described as cinematic grace, Truffaut's point of view slips in and out of Antoine so that something that on the surface looks like a conventional movie eventually becomes as fully and carefully populated as a Balzac novel. There is not a silly or superfluous incident, character, or camera angle in the movie. Truffaut is the star of the film, always in control, whether the movie is ranging into the area of slapstick, lyrical romance or touching lightly on DeGaulle's France (a student demonstration on the TV screen). His love of old movies is reflected in plot devices (overheard conversations), incidental action (two children walking out of the shoe store wearing Laurel and Hardy masks), and in the score, which takes Charles Trenet's 1943 song, known here as "I Wish You Love," and turns it into a joyous motif.

Source : Wikipedia

Photos (3)

クレジットタイトル詳細 (12)

監督補佐 :

Jean-José Richer

Producers :

Marcel Berbert, François Truffaut

フォトディレクター :

Denys Clerval

撮影技師 :

Jean-César Chiabaut

スクリプト :

Suzanne Schiffman

作曲家 :

Antoine Duhamel

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

人生ドラマ

テーマ :

カップル

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1968

フランス公開 :

04/09/1968

上映時間 :

1 時間 27 分

経過状況 :

ニュメロ·デ Visa :

33531

ビザ発行日 :

11/09/1968

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.77

Audio format :

モノラル

Posters (9)

監督

ニュース

映画祭でのセレクション (2)

オスカー  - 1969

オスカー  (アメリカ合衆国, 1969)

Selection

Nomination for Best Foreign Language Film

受賞 (2)

ルイ・デリュック賞 - 1968

ルイ・デリュック賞 (フランス, 1968)

ルイ・デリュック賞

French Syndicate of Cinema Critics - 1968

French Syndicate of Cinema Critics (1968)

French Syndicate of Cinema Critics Price