このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ピストルと少年

ピストルと少年

A 長編映画 by Jacques Doillon

Produced by Sara Films

Release in France : 19/12/1990

  • Contents

俳優 (7)

映画製作・配給会社 (3)

製作代表 :

Sara Films

フランス国内配給 :

AMLF

Film exports/foreign sales :

STUDIOCANAL

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (4)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

離婚した母親と暮らすマルク(ジェラルド・トマサン)は、一本の電話から死んだと聞かされていた姉ナタリー(クロチルド・クロー)がそう遠くない町 に住んでいることを知った。姉に会う資金を作るためピストルを手に薬局を襲った彼は、しかし直後顔見知りの刑事ジェラール(リシャール・アンコニナ)と出 くわし、図らずも刑事を人質に姉の住む町へと向かう。ところがいざ再会した姉は、突然の出来事に驚きながら初めのうち弟を追い返そうとする。が、やがて彼 女は刑事に弟の罪を軽くするように頼むようになり、かくて少年、少年に付き添う姉、刑事の三人での帰路は、姉と弟という枠組みすらなかった二人が肉親の情 を手繰り寄せ、また刑事はそんな姉弟に情を移していく。町に着くと、マルクはジェラールにお金を借りて薬局に返しにいく。そして、その翌朝、マルクは学校 へと向かう。姉と同じ父親のファミリーネームで再登録してほしいというマルクの願いは冷たく拒絶される。ジェラールの車で警察に向かいながら、マルクは小 さく「仕事を見つけて、里親に出されている妹と、姉貴と三人で暮らしたいんだ」と、呟いた。

Source : movie.goo.ne.jp

Subject

お人好しの刑事を演じるR・アンコニナ、少女の不安定さを体現する姉のC・クロウ、そして、ベルモンドが少年になったような個性的なマスクの少年役G・ト マサン。その演技アンサンブルの妙。児童犯罪の専門書にあった、一人の子供が警官を30分間人質に取ったという、僅か二行の記述からこれだけの物語を膨ら ませた脚本。ドワイヨンの底力を充分に知れる秀作。

Source : allcinema.net

クレジットタイトル詳細 (15)

製作代表 :

Christine Gozlan

シナリオライター :

Jacques Doillon

録音技師 :

Jean-Claude Laureux

撮影技師アシスタント :

Christophe Pollock

Editor :

Catherine Quesemand

作曲家 :

Philippe Sarde

キャスティング :

Pierre Amzallag

スチールマン :

Hélène Bamberger

プロデューサー :

Alain Sarde

フォトディレクター :

William Lubtchansky

Sound assistant :

Brigitte Taillandier

製作部長 :

Jean-Paul Battaggia

Assistant editor :

Nathalie Hubert

Foley artists :

Pascal Chauvin, Patrick Egreteau

サウンド・ミキサー :

Dominique Hennequin

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

ドラマ

テーマ :

軽犯罪, 思春期

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1990

フランス公開 :

19/12/1990

上映時間 :

1 時間 40 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

71914

ビザ発行日 :

07/11/1990

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

スコープ

Audio format :

ステレオ

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション (4)

セザール賞(フランス映画) - 1991

セザール賞(フランス映画) (フランス, 1991)

Selection (5)

Best Film

Best Screenplay (Original or Adapted) : Jacques Doillon

Most Promising Actor : Gérald Thomassin

Most Promising Actress : Clotilde Courau

Best Director : Jacques Doillon

ベルリン国際映画祭 - 1991

ベルリン国際映画祭 (ドイツ, 1991)

Selection

Official Competition

受賞 (2)

セザール賞(フランス映画) - 1991

セザール賞(フランス映画) (フランス, 1991)

César Award for Most Promising Actor : Vincent Perez

ベルリン国際映画祭 - 1991

ベルリン国際映画祭 (ドイツ, 1991)

賞 (3)

OCIC Award

国際批評家連盟(フィプレシ)賞