このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ボヴァリー夫人

ボヴァリー夫人

A 長編映画 by Claude Chabrol

Produced by Ced productions, MK2 Films (ex MK2)

Release in France : 03/04/1991

  • Contents

俳優 (35)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Ced productions, MK2 Films (ex MK2)

Film exports/foreign sales :

MK2 Films (ex MK2)

共同製作 :

Fr3-france regions

フランス国内配給 :

MK2 Films (ex MK2)

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (10)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

田舎娘エマ(イザベル・ユペール)は厳格な修道院で育ち、土地の大地主である父と2人で暮らしていた。ある日町医者のシャルル(ジャン・フランソ ワ・バルメール)と出会ったエマは、ロマンスへの熱望と贅沢への憧れから、年の離れた彼と結婚する。しかし、仕事一筋の夫との生活はしだいに退屈なものに なっていった。毎日ふさいでいる妻を心配した夫は、大きな町での開業を決意する。医者を待ち望んでいた町の人々に歓迎される2人。しばらく平穏な日々が続 いたある日、エマは若く裕福なドンファン、ロドルフ(クリストフ・マラヴォワ)に出会い、密会を続けるようになる。夫のシャルルが何も気づかないまま、思 いつめたエマはロドルフに2人で逃げようと誘うが、もともと遊びと割り切っていた彼はその申し出を拒絶し、エマは寝込んでしまう。シャルルが気晴らしにと 連れていってくれたオペラの劇場で、エマは以前彼女を慕っていた弁護士見習い生のレオン(ルーカス・ベルヴォー)と再会、新しい恋がはじまった。幸せもつ かの間、高額のドレスの支払いを迫られ困ったエマは、レオンに金を貸してくれるよう懇願するが、彼には、彼女の負債を払えるほどの力はなかった。しかたな くロドルフのもとへ行くが、そこでも拒絶されるエマ。彼女のことは町の人たちにも知られるようになり、追いつめられた彼女は、毒をあおって自ら命を絶つの だった。

Source : movie.goo.ne.jp

Subject

19世紀を代表するフランス文学のひとつであるグスターヴ・フローベル原作の『ボヴァリー夫人』の映画化。監督・脚本は「主婦マリーがしたこと」の クロード・シャブロル、製作はイヴォン・クレン、エグゼクティヴ・プロデューサーは「さよなら子供たち」のマラン・カルミッツ、撮影はジャン・ラビエ、音 楽はマチュー・シャブロル、主演のイザベル・ユペールは本作の演技により91年モスクワ国際映画祭主演女優賞を獲得している。

Source : movie.goo.ne.jp

クレジットタイトル詳細 (18)

製作代表 :

Marin Karmitz

Adapter/dialogue writer :

Claude Chabrol

フォトディレクター :

Jean Rabier

撮影技師アシスタント :

Cendrine Dedise, Jean-Marc Rabier

製作部長 :

Yvon Crenn

Editor :

Monique Fardoulis

スクリプト :

Aurore Chabrol

Foley artists :

André Naudin, Gadou Naudin

Costume designer :

Corinne Jorry

Assistant directors :

Cécile Maistre, Alain Wermus

原作者 :

Gustave Flaubert

音声アシスタント :

Philippe Richard

撮影技師 :

Michel Thiriet

報道担当(映画) :

Eva Simonet

Sound editor :

Brigitte Grynblat

作曲家 :

Matthieu Chabrol, Jean-Michel Bernard

Production designer :

Michèle Abbé

ナレーター :

François Périer

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

心理ドラマ, 文学作品翻案

テーマ :

孤独, 愛, 情愛

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1990

フランス公開 :

03/04/1991

上映時間 :

2 時間 23 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

72870

ビザ発行日 :

28/03/1991

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66