このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
The Canterbury Tales

The Canterbury Tales

A 長編映画 by Pier Paolo Pasolini

Release in France : 29/11/1972

  • Contents

俳優 (7)

映画製作・配給会社 (4)

共同製作 :

Les Productions Artistes Associés

Film exports/foreign sales :

Carlotta Films

海外製作作品 :

Produzioni Europee Associati (PEA)

フランス国内配給 :

Les Productions Artistes Associés

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (2)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

Based on the medieval narrative poem The Canterbury Tales by Geoffrey Chaucer. It is the second film in Pasolini's 'Trilogy of Life'. The adaptation covers eight of the 24 tales and contains abundant nudity, sex, and slapstick humor. Many of these scenes are present or at least alluded to in the original as well, but some are Pasolini's own additions. The film sometimes diverges from Chaucer. For example, The Friar's Tale is significantly expanded upon: where the Friar leads in with a general account of the archdeacon's severity and the summoner's corruption, Pasolini illustrates this with a specific incident which has no parallel in Chaucer. Two men are caught in an inn bedroom committing buggery. One is able to bribe his way out of trouble, but the other, poorer man is less fortunate: he is tried and convicted of sodomy—it doesn't occur to the judge that such an act cannot be committed by one person alone—and is sentenced to death. As a foretaste of Hell, he is burned alive inside an iron cage ("roasted on a griddle" in the words of one spectator) while vendors sell beer and various baked and roasted foods to the spectators.

クレジットタイトル詳細 (10)

監督補佐 :

Sergio Citti

シナリオライター :

Pier Paolo Pasolini

フォトディレクター :

Tonino Delli Colli

編集担当 :

Nino Baragli

作曲家 :

Ennio Morricone

原作者 :

Geoffrey Chaucer

海外プロデューサー :

Alberto Grimaldi

撮影技師 :

Carlo Tafani

装飾 :

Dante Ferretti

Costume designer :

Danilo Donati

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

コメディー, アンソロジー映画

言語 :

イタリア語, 英語

出身 :

フランス, イタリア

Original French-language productions :

不明

製作年 :

1972

フランス公開 :

29/11/1972

上映時間 :

1 時間 58 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

40540

ビザ発行日 :

06/12/1972

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.77

Audio format :

モノラル

Posters (2)

監督

映画祭でのセレクション

ベルリン国際映画祭 - 1972

ベルリン国際映画祭 (ドイツ, 1972)

Selection

Official Competition