このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
アデルの恋の物語

アデルの恋の物語

A 長編映画 by François Truffaut

Produced by Les Productions Artistes Associés

Release in France : 08/10/1975

  • Contents

俳優 (15)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Les Productions Artistes Associés

Film exports/foreign sales :

MK2 Films (ex MK2)

共同製作 :

Les films du Carrosse

フランス国内配給 :

United Artists

International releases (3)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

一八六三年、フランスではナポレオン三世が勢力を持ち始め、ここ新大陸では北米に内乱(南北戦争)が勃発した頃、英国は植民地カナダに派兵し、海外 からの入国チェックをしていた。港町アリファックスに一人のうら若き乙女が上陸した。名をアデル(イザベル・アジャーニ)といい、下宿先サンダース家に身 を寄せた。アデルは翌日、公証人を訪ね、英国騎兵中尉アルバート・ピンンン(ブルース・ロビンソン)の捜索・調査を依頼した。彼こそアデルが思ってやまぬ 初恋の男であり、英領ガーンジー島の両親のもとを出奔し、たった一人異国の地を踏んだのも、ひたすら中尉に逢いたいが一心からだった。数日後、サンダース 家の主人が英国軍の歓迎パーティへ出席することを知らされたアデルは、ピンソンへの手紙を託したが、しかしそれはすげなく無視された。アデルはガーンジー 島の両親のもとへとせっせと手紙を書き送った。父は「ノートルダム・ド・パリ」「レ・ミゼラブル」を著わした大文豪ビクトル・ユーゴーで、手紙の内容はピ ンンンへの綿々たる追慕の念、そして生活費の無心だった。数日後、よもやと思われるピンソンが下宿を訪ねてきた。高鳴る胸の動悸を懸命に押え、精一杯の身 づくろいをしてアデルは彼の前に姿を現わし、執拗に二人の愛の確認を迫るのだった。しかし、心はすでに彼女にないピンソンの態度は、ツレなかった。泣き叫 び必死に彼の心をつなぎとめようとする哀れな女の心情がかえって男の気持ちを遊離させた。精神的疲労がたび重なったアデルはウィスラー氏(ジョゼフ・ブ ラッチリー)が経営する本屋の前で倒れた。サンダース夫人(シルヴィア・マリオット)の看病を受けながら病床から両親へ宛てて手紙を書く毎日が続いた。 「このたび、ピンソン中尉と婚約しました……」。折り返し、愛娘の一途な気持を慈しむ父ユーゴーから結婚承諾書が届いた。しかし、新聞に報道されたことに より、ピンソンは上官の叱責を受け、何もかもアデルの仕組んだウソとバレたのは間もなくだった。増々、常軌を逸した行動に走るアデル。催眠術師を使って彼 の心を戻そうと画策したり、ピンソンの某令嬢との結婚にも横槍を入れた。そんなとき、アデルの母がブラッセルで死亡し、同時にピンソンの隊にカリブ海バル バドス島への派遣命令が下された。あくまでも男の後を追うアデル。ボロ布のような姿で島の通りをふらつく彼女には、まさに鬼気迫るものがあった。一方、ア デルという女の執念深さに驚く新婚間もないピンンン。しかし、熱帯の土地で熱病に襲われたアデルが、再びピンソンと逢いまみえたとき、彼女は既に意識がな かった。数日後、アデルはユーゴーを知る土地の夫人に伴われフランスに帰ってきた。ヨーロッパではさまざまな変化があった。ナポレオン三世の失脚により、 ユーゴーの帰国が可能になり、彼は十八年間の亡命の後、パリに帰りついたのだ。父と娘は再会し、彼女をサン=マンデの精神病院に入れた。その後アデルはそ の病院で四十年間を過ごし符号化した日記を書き続けた。父ユーゴーは一八八五年五月二二日“黒い光が見える"といいながら死んだ。フランス中が深い悲しみ に沈み、遺体は凱旋門の下に一晩中安置され、翌日は二百万のパリ市民がエトワール広場からパンティオンまで柩のあとに続いた。その娘アデルはヨーロッパが 二つに分かれて戦った第二次大戦のさなかの一九一五年四月二五日、ひっそりと死んでいった。

Source : movie.goo.ne.jp

Subject

The Story of Adele H. (also L'Histoire d'Adèle H.) is a 1975 French film which tells the story of the real-life Adèle Hugo, the daughter of writer Victor Hugo, whose obsessive unrequited love for a naval officer led to her downfall. The film, told in French and English, is based on her diaries. It stars Isabelle Adjani, Bruce Robinson and Sylvia Marriott.

The film was adapted by Jean Gruault, Frances Vernor Guille, Suzanne Schiffman and François Truffaut, with English adaptation by Jan Dawson. It was directed by Truffaut.

Director's comments
About the film, Truffaut wrote:
"In writing the script of L'Enfant sauvage based on the memoirs of Dr Jean Itard, we discovered, Jean Gruault and myself, the enormous pleasure of writing historical fiction based on real events, without inventing anything and without altering documented facts. If it is difficult to construct an unanimistic intrigue involving a dozen characters whose paths entwine, it is almost as difficult to write an animistic film focusing on a single person. I believe that it was this solitary aspect which attracted me most to this project; having produced love stories involving two and three people, I wanted to attempt to create a passionate experience involving a character where the passion was one-way only."[citation needed]

Film locations
Many of the exterior scenes were shot on location in St Peter Port, Guernsey, and many of the film extras were well-known locals. Both Sir Raymond Falla and Sir Cecil de Sausmarez were, at the time, prominent island politicians. Scenes set in Halifax were mainly interiors created in a house in Guernsey and the external scenes were also shot in Guernsey. They were not filmed in Halifax.

Reception
Critical response
The film was given a very positive review by Pauline Kael in The New Yorker. " After a two-year break to read and to write, François Truffaut has come back to moviemaking with new assurance, new elation. The Story of Adèle H. is a musical, lilting film with a tidal pull to it. It's about a woman who is destroyed by her passion for a man who is indifferent to her - a woman who realizes herself in self-destruction...This picture is so totally concentrated on one character that it's a phenomenon: we become as much absorbed in Adèle as she is in Lieutenant Pinson. And our absorption extends from the character to a larger view of the nature of neurotically willed romanticism. The subject of the movie is the self-destructive love that everyone has experienced in one form or another. Adèle is a riveting, great character because she goes all the way with it...Only nineteen when the film was shot..you can't take your eyes off Isabelle Adjani. You can perceive why Truffaut, who had worked on the Adèle Hugo material off and on for six years, has said that he wouldn't have made this 'musical composition for one instrument' without Adjani...She's right for the role, in the way that the young Jennifer Jones was for Bernadette: you believe her capable of anything, because you can't see yet what she is...Adèle H. is a feat of sustained acuteness, a grand-scale comedy about unrequited love, and it's Truffaut's most passionate work." The film was a modest financial success in France where it gained 752,160 Admissions.

Source : Wikipedia

Photos (7)

クレジットタイトル詳細 (13)

Adapter/dialogue writer :

Frances Vernor Guille

フォトディレクター :

Nestor Almendros

撮影技師アシスタント :

Florent Bazin, Dominique Le Rigoleur, Jean-Claude Rivière

Editors :

Martine Barraqué, Yann Dedet

スクリプト :

Christine Pellé

作曲家 :

Maurice Jaubert

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

ドラマ

テーマ :

歴史, 文学

言語 :

フランス語, 英語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1975

フランス公開 :

08/10/1975

上映時間 :

1 時間 36 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

37630

ビザ発行日 :

28/08/1975

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66

Audio format :

モノラル

Posters (3)

監督

映画祭でのセレクション (3)

オスカー  - 1976

オスカー  (アメリカ合衆国, 1976)

Selection

Nomination for Best Actress in Leading Role : Isabelle Adjani

受賞

French Syndicate of Cinema Critics - 1976

French Syndicate of Cinema Critics (1976)

French Syndicate of Cinema Critics Price