このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
二十歳の死

二十歳の死

A 短編映画 by Arnaud Desplechin

Produced by Odessa Films, RGP Productions

製作年 : 1991

  • Contents

俳優 (18)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Odessa Films, RGP Productions

Film exports/foreign sales :

The Bureau Sales

共同製作 :

Arte France Cinéma

フランス国内配給 :

Forum Distribution

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

フェ ルメールの絵画にある光が家の室内空間を満たす。パスカル(マリアンヌ・ドニクール)は浴室でいきなり嘔吐する。彼女が情緒不安定になっているのは、二十 歳の従弟パトリックが散弾銃で自殺を図り、生と死の間で宙吊りにされているためだ。このマクギリスの家に親戚が一堂に会する。弟イヴァン(ロッシュ・レボ ヴィッチ)はボブ(エマニュエル・サランジェ)とシモン(グレゴリ・バケ)の相手をする。もう1人の弟クリスチャン(ティボー・ド・モンタランベール)は ポール(エリック・ボニカットー)とトニー(ロラン・シリング)を相手にする。父エドワール(ベルナール・バレ)はジョルジュとシャルル(ブノワ・ブリオ ンヌ)にパトリックの病状と事件の概要を説明する。パスカル自身はイザベル(ロランス・コート)とローランス(エマニュエル・ドゥヴォス)の相手をする。 夜、イヴァンはオマダンの母親とモーツァルトの歌劇を聴いている。そして昼、オマダンの父親の「悪の華」の引用からクリスチャン、イザベル、パスカル、ボ ブへと暗唱が引き継がれて行く。11時からのミサ。クリスチャンは出たくないとごねる。その後のサッカー。みんな平静を装って遊びに夢中になるが、クリス チャンはニコラ(ルイ・ド・ド・ランクザン)を思いっきり抱き上げる。2人は友情を確認するようにがっしり抱き締め合う。翌朝、パスカルは生理の血が出て いることに気付き、体を洗い、階下に降りて来る。目を真っ赤にした父エドワールがコーヒーを飲んでいる。そしてパトリックが亡くなったことを告げる。

Source : movie.walkerplus.com
 

クレジットタイトル詳細 (12)

製作代表 :

Pascal Caucheteux

シナリオライター :

Arnaud Desplechin

Sound recordists :

Bernard Borel, Richard Gellée, Olivier de Nesle, Olivier Hespel

Assistant editor :

Béatrice Maleville

装飾 :

Antoine Platteau

キャスティング :

Noémie Lvovsky

Assistant directors :

Catherine Bernstein, Emmanuelle Demolder

フォトディレクター :

Éric Gautier

Editors :

François Gédigier, Laurence Briaud

スクリプト :

Noémie Lvovsky

作曲家 :

Marjory Ott, Marc Sommer

サウンド・ミキサー :

Éric Tisserand

技術面詳細

短編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

ドラマ, 寓話

テーマ :

家族, 自殺

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1991

上映時間 :

54 分

ニュメロ·デ Visa :

72724

ビザ発行日 :

06/12/1990

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

Audio format :

モノラル