このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
野性の夜に

野性の夜に

A 長編映画 by Cyril Collard

Produced by Banfilm

Release in France : 21/10/1992

    あらすじ

    一 九八六年、ジャン(シリル・コラール)はビデオカメラを片手に、モロッコをさまよっていた。その年の四月、彼はパリに帰って来る。病院でエイズの検査を受 けたジャンは、そのままコマーシャルの撮影に出掛ける。コマーシャルのオーディションにはローラ(ロマーヌ・ボーランジェ)が来ていた。ジャンは、レンズ の中のローラにひと目惚れする。しかし、バイ・セクシャルのジャンは、ローラのことが気に掛かりながらも男友だちのサミー(カルロス・ロペス)を誘った り、夜の街をさまよったりするのであった。ある日、ジャンはローラと連絡を取り、思いを伝える。自分がエイズであることを告白できずにローラと結ばれてし まったジャンは、友人のマルク(ルネ・マルク・ビニ)に相談するが、マルクは勇気を出せと注意する。ローラの一八回目の誕生日の日、ついに自分がエイズで あることを告白するジャン。ローラはパニックに陥るが、傷付くのと同時にジャンを深く愛していることを確認する。だが、パーティーでサミーと会ったローラ は、ジャンとの仲を嫉妬して大喧嘩をする。傷つけ合うことが多くなった二人は、ほとぼりが冷めるまで会わないことにする。ジャンは、ローラがいなくなると 死への恐怖から再び、男を求めて夜な夜なさまよい始める。サミーはジャンと一緒に住むために、恋人マリアンヌ(クレマンティーヌ・セラリエ)のところへ荷 物を取りに行く。マリアンヌは運転手として来ていたジャンを「私の男を盗るつもり?」となじる。ニースのおばあちゃんのところから帰って来たローラは、 ジャンの留守中に部屋を訪ね、サミーに関係を問いただす。口論しながらもサミーに興味を覚えたローラは、帰って来たジャンと共に三人で食事をする。ジャン は刻一刻とエイズに冒されながらも、さまざまな人間の間を行き交う。ローラもエイズへの不安と恐怖、そしてジャンへの愛のはざまで混乱する。車を飛ばして ポルトガルまで行き着いたジャンは、夜が明けるまで考え悩む。そしてローラに電話して彼女への愛を伝えるのだった。

    俳優 (23)

    映画製作・配給会社 (5)

    製作代表 :

    Banfilm

    海外製作作品 :

    Erre Cinematografica

    フランス国内配給 :

    Wild Bunch Distribution

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (26)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (20)

    製作代表 :

    Nella Banfi

    原作者 :

    Cyril Collard

    Screenwriters :

    Cyril Collard, Jacques Fieschi

    フォトディレクター :

    Manuel Terran

    音声アシスタント :

    Pierre Tucat

    製作部長 :

    Jean-Denis Berembaum

    Editor :

    Lise Beaulieu

    Production Designers :

    Jacky Macchi, Katja Kosenina

    スタントマン :

    Patrick Cauderlier

    サウンド・ミキサー :

    Dominique Hennequin

    Assistant directors :

    Corine Blue, Jean-Jacques Jauffret

    アソシエートプロデューサー :

    Jean-Frédéric Samie

    共同製作 :

    Alessandro Verdecchi

    録音技師 :

    Michel Brethez

    撮影技師アシスタント :

    Valentine Perrin, William Watterlot

    報道担当(映画) :

    Claude Davy

    Sound editors :

    Frédéric Attal, Patrice Grisolet

    作曲家 :

    René-Marc Bini, Cyril Collard

    Costume designer :

    Régine Arnaiud

    スチールマン :

    Bernard Fau

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    愛, 病気, 死, 同性愛

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (イタリア, フランス)

    製作年 :

    1992

    フランス公開 :

    21/10/1992

    上映時間 :

    2 時間 6 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    76614

    ビザ発行日 :

    16/10/1992

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    ドルビーSR

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション (3)

    セザール賞(フランス映画) - 1993

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1993)

    Selection (7)

    Best Editing : Lise Beaulieu

    Best Screenplay (Original or Adapted) : Cyril Collard

    Best Original Music : René-Marc Bini

    Best first picture

    Best Director : Cyril Collard

    Most Promising Actress : Romane Bohringer

    Best Film

    受賞

    セザール賞(フランス映画) - 1993

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1993)

    賞 (4)

    César Award for Best Editing : Lise Beaulieu

    César Award for Best First Feature

    César Award for Most Promising Actress : Romane Bohringer

    César Award for Best Film