このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ナポレオン

ナポレオン

A 長編映画 by Abel Gance

Produced by Pathé Consortium Cinéma, Westi/ Société Générale de Films

Release in France : 07/04/1927

  • Contents

俳優 (60)

映画製作・配給会社

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

〈第一部〉フランスのブリエンヌ兵学校では、折しも雪合戦が行なわれていた。激しい雪の弾丸が交わされるその中で、勇敢に皆の指揮をとり、率先して 敵陣へ勇敢にも攻め込む少年がいた。これがナポレオン・ボナパルト(ウラジミール・ルーデンコ)。彼はどこか変わったところのある少年で、いつも仲間から つまはじきにされていた。唯一の友は彼の飼っている鷲で、それは、あたかも彼の未来を暗示するような雄々しさを備えた鳥だった。時は経ち、一七八九年。パ リで始まったフランス革命はヨーロッパ中に嵐を巻き起こし、国民議会はモンターニュ派のロベスピエール(E・ヴァン・ダエル)、ダントン(アレクサンド ル・クービッキー)、マラー(アントナン・アルトー)がリードしていた。そして、国歌「ラ・マルセイエーズ」が誕生。その頃、青年ナポレオン(アルベー ル・デュードネ)は、複雑な政治情勢で動揺する故郷コルシカへ帰ったが、コルシカ独立をとなえる彼を快く思わない反対派の反撃を避けるため、肉親との再会 も束の間、暴風雨の海に小舟を出して脱出する。無事、フランス本土に着いたナポレオンに、トゥーロン要塞派遣の命が下された。自ら希望し連隊長となったナ ポレオンは、見事、イギリス軍からトゥーロン港を奪回。時に一七九三年、ナポレオンは26歳になっていた。〈第二部〉ナポレオンがトゥーロンから帰還した 頃、パリは恐怖政治がピークを迎えていた。マラーは暗殺され、ダントンもギロチンの犠牲となっていた。ナポレオンもロベスピエールたちの命に反した科で、 短期間投獄された。しかし、テルミドール(一七九四年七月)の反動で、ロベスピエール、サン・ジュスト(アベル・ガンス)らは断頭台へ送られ、恐怖政治の 時代は去った。そして十月(ヴァンデミール)。王党派の武力攻撃に対して、国民公会の指導者バラスはナポレオンに鎮圧を命じ、彼はそれをなしとげ、内部軍 司令官の位置につく。恐怖政治の去ったあとのパリでは、連夜、華やかな舞踏会が開かれ、ナポレオンは以前出会い心魅かれていたジョゼフィーヌ(ジナ・マネ ス)に再会。たちまち恋に落ちたナポレオンの熱烈な求愛を、彼女も受け入れ、二人は結ばれた。一七九六年、イタリア遠征軍司令官に任命されたナポレオン は、パリを発つ前に、休会中の議会堂を訪れる。その彼の前に、今は亡き革命の指導者たちの幻があらわれ、ナポレオンは彼らの意志を推しすすめ、革命をまっ とうさせることこそ自分の使命であることを確認する。やがて、アルプスに向ったナポレオンは、飢え疲れた兵士たちに勝利の夢を語り、精神を鼓舞し、イタリ アヘの進軍を開始させた。

Source : movie.goo.ne.jp

Subject

「鉄路の白薔薇」(23)などで知られるフランスの巨匠アベル・ガンスが一九二七年に製作したサイレント超大作。当初ガンスはこの作品を第一部とし てナポレオンの全生涯を描こうという厖大なプランを持っていたが、トーキーの出現、製作・上映に要する莫大な資金などの問題があり、この一作にとどまっ た。しかし、この作品は世界中で悲運に見舞われ、アメリカではMGMによって80分に短縮されて公開され、日本では昭和7年10月に東京・万世橋シネマ・ パレスで17.5ミリ版によってひっそりと公開されるというありさまだった。こうして伝説の彼方に埋もれたこの作品に対して、世界中の映画人、映画研究家 が再生を望み、現在、それらの人々の手によって再生された「ナポレオン」は数多くあるといわれている。そのうちのケヴィン・ブラウンロー版の「ナポレオ ン」を見たフランシス・コッポラが、クロード・ルルーシュから配給権を買いとり、自ら率いるゾエトロープ・スタジオで配給、父カーマイン・コッポラに作曲 とフルオーケストラの指揮を依頼し、1981年、ニューヨークのラジオ・シティ・ミュージック・ホールで公開した。この時から全世界に「ナポレオン」ブー ムが広がり、今回、日本で公開されたのも、このコッポラ版である。特に後半20分間の《トリプル・エクラン》はシネラマを先取りしたものとして話題を呼ん た。スタッフは、監督・脚本のアベル・ガンスほか、撮影はジュール・クリュージェ、J・マンドヴィレ、レオンス・H・ビュレル、ロジェ・ユベール、美術は アレクサンドル・ブノワ、シルドクネヒト、ジャクティーが担当。出演は、ナポレオンにアルベール・デュードネが扮するほか、共演はジナ・マネス、アレクサ ンドル・クービッキー、劇作家アントナン・アルトー、アベル・ガンス自身もサン・ジュストに扮している。なお、日本公開版はコッポラの他、黒澤明が監修に 当たっている。日本版字幕は戸田奈津子。白黒、スタンダード(一部、トリプル・エクラン)。

Source : movie.goo.ne.jp

クレジットタイトル詳細 (10)

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

戦争, 歴史的

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1927

フランス公開 :

07/04/1927

上映時間 :

3 時間 20 分

経過状況 :

公開済み

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

白黒

画面セット :

1.37