このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ジェルミナル

ジェルミナル

A 長編映画 by Claude Berri

Produced by Pathé Production

Release in France : 29/09/1993

  • Contents

俳優 (33)

映画製作・配給会社 (5)

製作代表 :

Pathé Production

Foreign production companies :

Artisti Associati International, Alternative Films

フランス国内配給 :

Pathé Distribution

Co-productions :

France 2 Cinéma, DD Productions

Film exports/foreign sales :

Pathé Distribution

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (21)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

19世紀末の北フランス、モンスー炭坑。不況の嵐が吹き荒れ、町には失業者が溢れかえっている。この町に仕事を求めて元機械工のエチエンヌ・ランチ エ(ルノー)がやってくる。労働者のリーダー格、マユ(ジェラール・ドパルデュー)は彼と意気投合して、彼に職と住居の世話をしてやる。そんなマユも老い た老父ボンヌモール(ジャン・カルメ)と7人の家族を抱えているために決して生活は楽ではなかった。そうした中で、長男や長女が成り行きとはいえ伴侶を得 て独立していった。もっとも長女のカトリーヌ(ジュディット・アンリ)の方はほのかにランチエに恋心を抱いていたのだが: 。モンスー炭坑は落盤事故でマユの次男が負傷したことに対して労働者側にきわめて不誠実な対応をし、権利意識に燃える労働者たちはストライキに突入した。 会社側はベルギーから移民労働者を受け入れてこれに対抗し、神経戦は長期化の様相を呈しはじめる。いつしかマユの妻マウード(ミュウ・ミュウ)がストライ キの先頭に立っている。今や労働者たちは飢えと不安で極限状態。武力衝突が発生し、マユは軍隊の威嚇射撃を胸に受けて死ぬ。修羅場のあと、それでも支配人 の娘の婚礼が華やかに執り行われた。やがて労働者たちはリーダーのランチエから離れて、仕事に戻っていく。闘争は敗北したのだ。ところがアナーキストの破 戒工作のためにランチエとカトリーヌと彼女の別居中の夫シャヴァル(ジャン・ロジェ・ミロ)は一斉に生き埋めになってしまう。シャヴァルは捨て鉢になって カトリーヌを抱こうとするが、ランチエは彼を殺し、カトリーヌと結ばれる。しかし救助隊が2人を発見したとき、彼女の息はなかった。その頃、新婚の支配人 の娘がマユ家を慰問に訪れると、ぼけているはずの老父ボンヌモールが彼女を殺害してしまう。数日後、町を離れようとするランチエは、生活のために再び炭坑 で働くマウードとすれちがい、あんたのせいじゃないよ、と言われ、今度こそ勝ってみせるぞ、と決意を新たにする。空には4月の太陽が輝き、大地を暖め、種 子が芽生えようとしていた。それは彼ら労働者の未来を予告するかすかな手応えとなっているように、ランチエには思えた。

Source : movie.goo.ne.jp

クレジットタイトル詳細 (14)

製作代表 :

Claude Berri

エグゼクティブプロデューサー :

Pierre Grunstein

フォトディレクター :

Yves Angelo

製作部長 :

Patrick Bordier

Assistant editor :

Mathilde Cousin

美術アシスタント :

Riton Dupire-Clément

Costume designers :

Bernadette Villard, Caroline de Vivaise, Sylvie Gautrelet

原作者 :

Émile Zola

Screenwriters :

Arlette Langmann, Claude Berri

録音技師 :

Pierre Gamet

編集担当 :

Hervé de Luze

Production Designers :

Thanh At Hoang, Christian Marti

作曲家 :

Jean-Louis Roques

スチールマン :

Benoît Barbier

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

文学作品翻案

言語 :

フランス語

出身 :

フランス, ベルギー, イタリア

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (フランス, ベルギー, イタリア)

製作年 :

1993

フランス公開 :

29/09/1993

上映時間 :

2 時間 40 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

80759

ビザ発行日 :

29/10/1993

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

スコープ

Audio format :

ドルビーSR

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション

セザール賞(フランス映画) - 1994

セザール賞(フランス映画) (フランス, 1994)

Selection (12)

Best Sound : Pierre Gamet, Dominique Hennequin

Best Production Design : Thanh At Hoang, Christian Marti

Best Editing : Hervé de Luze

Best Actress : Miou-Miou

Best Director : Claude Berri

Best Screenplay (Original or Adapted) : Claude Berri, Arlette Langmann

Best Cinematography : Yves Angelo

Best Film

Best Costume Design : Sylvie Gautrelet, Bernadette Villard

Best Original Music : Jean-Louis Roques

Best Supporting Actress : Judith Henry

Best Supporting Actor : Jean-Roger Milo

受賞

セザール賞(フランス映画) - 1994

セザール賞(フランス映画) (フランス, 1994)

賞 (2)

César Award for Best Costume Design : Sylvie Gautrelet, Bernadette Villard

César Award for Best Cinematography : Yves Angelo