このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
蝶採り

蝶採り

A 長編映画 by Otar Iosseliani

Produced by Pierre Grise Productions

Release in France : 04/11/1992

    あらすじ

    フ ランス郊外の古い城館に、持ち主であるマリ=アニエス・ド・バイオネット(タマーラ・タラサシヴィリ)と彼女のいとこ(ナルダ・ブランシェ)が召使と共に 住んでいる。車椅子に乗っているマリ=アニエスは城内でピストル射撃を、いとこは町のオーケストラに参加したり、弓を使って池で魚を獲ったり、屋外でゲー ムを楽しんだりと、二人はそれぞれのんびりと日々の暮らしをエンジョイしている。彼女たちのお隣さんは公証人アンリ・ド・ランパデール(アレクサンドル・ チェルカソフ)。現在、彼の館には、大金持ちのマハラジャ(サシャ・ピアティゴルスキ)が滞在している。アンリは、老婦人たちの城館を日本企業に売却斡旋 しようとたくらんでいるが、マリ=アニエスのいとこはかたくなにこれを拒否。ところがそんなある日、城館に亡き将官(オタール・イオセリアーニ)の霊が現 れマリ=アニエスが急死してしまった。葬式に合わせてロシアからマリ=アニエスの妹エレーヌとその家族もやってくる。遺族が揃ったところで公証人アンリの 口からマリ=アニエスの遺言が発表される。その内容は「遺産はすべて妹のエレーヌに」というものだった。葬儀が終わり、マリ=アニエスのいとこの老婦人は マハラジャと一緒に旅に出る。しかし彼らが乗った汽車はテロリストによって爆破されてしまい、彼らはあっけなく死んでしまう。二人の老婦人の亡き後、城館 は日本企業に売却された。

    俳優 (16)

    映画製作・配給会社 (5)

    製作代表 :

    Pierre Grise Productions

    Foreign production companies :

    Best international films, Metropolis Filmproduktion

    フランス国内配給 :

    Pierre Grise Distribution

    Co-productions :

    Sodaperaga, France 3 Cinéma

    Film exports/foreign sales :

    Celluloid Dreams

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (9)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (18)

    製作代表 :

    Martine Marignac

    シナリオライター :

    Otar Iosseliani

    Co-producers :

    Luciano Gloor, Pierre-André Boutang, Guy Seligmann

    Sound recordists :

    Holger Gimpel, Alix Comte, Gérard Lamps, Axel Arft

    製作部長 :

    Pierre Wallon

    Editors :

    Otar Iosseliani, Nathalie Alquier, Ursula West, Jocelyne Ruiz

    スクリプト :

    Lydie Mahias

    Art directors :

    Hervé Lasseron, Léonard Vindry

    Costume designer :

    Charlotte David

    アソシエートプロデューサー :

    Maurice Tinchant

    Foreign producers :

    Luciano Gloor, Ettore Rosboch

    フォトディレクター :

    William Lubtchansky

    撮影技師アシスタント :

    Nicolas Eprendre

    報道担当(映画) :

    Laurence Granec

    Sound editors :

    Pascale Aubaret, Anne-Marie L'Hôte

    装飾 :

    Emmanuel de Chauvigny

    作曲家 :

    Nicolas Zourabichvili

    サウンド・ミキサー :

    Gérard Lamps

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    ドイツ, イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (ドイツ, イタリア, フランス)

    製作年 :

    1992

    フランス公開 :

    04/11/1992

    上映時間 :

    1 時間 55 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    77740

    ビザ発行日 :

    16/09/1992

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション (3)

    受賞