このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Tall Little One

Tall Little One

A 長編映画 by Sophie Fillières

Produced by Paris New-York Production

Release in France : 23/03/1994

    あらすじ

    Benedicte is 20, It may be hard to define someones as "normale", but we can say that Benedicte has no extraordinary aspirations. She is neither over nor under popular. Laurence is her best friend. And there's Pierre, an old flame whom she still loves, but who doesn't love, but who still loves her. One day, while trying to ditch Paul, she goes into the courtyard of a building and discovers a revolver and a thick wad of 500-france bills, She doesn't know what to do. So, leaving them there, she goes off, buys a handbag, returns, picks up the gun and money and carries them off. From there on out Benedicte will try to exhaust everything possible and impossible to do with these bizarre and cumbersome objects. Finally, when on the brink of no longer knowing what she is even doing, she finds the answer.

    俳優 (14)

    映画製作・配給会社 (2)

    フランス国内配給 :

    Pierre Grise Distribution

    クレジットタイトル詳細 (12)

    製作代表 :

    Claude Kunetz

    Adapter/dialogue writer :

    Sophie Fillières

    フォトディレクター :

    Benoît Delhomme

    Production manager :

    Sylvie Barthet

    装飾 :

    Antoine Platteau

    Costume designer :

    Ounie Lecomte

    監督補佐 :

    Alain Olivieri

    Screenwriter :

    Sophie Fillières

    録音技師 :

    Frédéric Ullman

    Editor :

    Lise Beaulieu

    作曲家 :

    René-Marc Bini

    スチールマン :

    Sophia Charai

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1993

    フランス公開 :

    23/03/1994

    上映時間 :

    1 時間 45 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    79.451

    ビザ発行日 :

    08/03/1994

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Posters (1)

    Director

    映画祭でのセレクション