このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
追想

追想

A 長編映画 by Robert Enrico

Produced by Mercure Distribution, Les Productions Artistes Associés

Release in France : 22/08/1975

    あらすじ

    一九四四年--ドイツ占領下フランスの小都市モントバン。町の病院に勤務する外科医ジュリアン・ダンデュ(フィ リップ・ノワレ)は、美しい妻クララ(ロミー・シュナイダー)、娘フロランス(カトリーヌ・デラポルテ)、母(マドレーヌ・オーズレー)の四人でつつまし くも平和な家庭を築いていた。しかし戦争の暗雲は容赦なくこの静かな町にもたれ込み始め、連合軍の上陸に備えるべく、ドイツ軍は親衛隊を先頭に全市町村の 掃討作戦を開始した。ジュリアンの病院にも連日ドイツの傷痍兵やテロリストの重傷者が担ぎ込まれてきた。家族の身を案じたジュリアンは、同僚であり友人で もあるフランソワ(ジャン・ブイーズ)の勧めもあって、クララとフロランスを自分の城のあるバルベリー村へ疎開させることにした。それが悲劇の発端だっ た。妻子と別れてから五日、彼は無性に二人に会いたくなった。戦時下とは思えない南フランスの緑豊かな風景を横に見ながら彼は車をとばした。城は、村はず れの絶壁にいつもと変わらぬ偉容を誇り、聳え立っていた。宿舎の部屋には妻と娘の姿は見当らない。礼拝堂には老若男女村人全員の射殺死体が転がっていた。 地獄のきわみともいえる殺害現場に思わず嘔吐するジュリアン。彼は城の中庭へ走った。そこにはフロランスが血に染まって倒れ、そのそばに黒こげの死体が転 がっていた。ドイツ軍の集団暴行を受け、火炎放射器で焼き殺された最愛の妻の無残な姿、そして娘の惨殺死体。彼は勝手知った城の秘密通路を通り、隠して あった一挺のショットガンをとり出した。そして橋桁をはずして城館を孤立させた。地下室のワインを呷りジュリアン一家の幸福だった頃のホーム・ムービーに 歓声をあげるドイツ兵。それをマジック・ミラーの奥から涙にむせびながら身を震わせて凝視するジュリアン。クララとフロランスの楽しかった頃の想い出が走 馬燈のように胸裡をかけめぐる。ビリアッツの休暇でクララと初めてあった日のこと、妻と別れた直後、母の愛に飢えていたフロランスはたちまちクララになつ き、仲のいい姉妹のようだった。永遠の愛を誓い、周囲に祝福されての再婚。フロランスの洗礼式、そして小学校の卒業式。ジュリアンは神出鬼没の行動で整然 とドイツ兵を粛清していった。本隊への合流を急ぐあまり車もろとも橋桁と転落死するもの。ロープを伝って逃げようとして狙撃されるもの。城の地下で水責め にされるもの……。残るは隊長(ヨアヒム・ハンセン)ただ一人になった。ジュリアンの怒りの火炎放射器が彼に向けられた。同時に城も炎に包まれた。ナチ ス・ドイツによる犠牲者たちを弔うかのように立ち昇る黒煙。慰めにかけ寄るフランソワの言葉も上の空、放心したように遥か彼方を見つめるジュリアンの瞳に は、しかし複雑な笑みが浮かんでいた。

    Source : movie.walkerplus.com

    俳優 (15)

    映画製作・配給会社 (4)

    海外製作作品 :

    TIT Filmproduktion

    フランス国内配給 :

    United Artists

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (13)

    Assistant directors :

    Claire Denis, Jacques Santi, Jean Achache

    プロデューサー :

    Pierre Caro

    フォトディレクター :

    Étienne Becker

    撮影技師 :

    Patrice Wyers

    Editor :

    Eva Zora

    装飾 :

    Jean Saussac

    Costume designer :

    Corinne Jorry

    Adapters/dialogue writers :

    Pascal Jardin, Claude Veillot

    Screenwriters :

    Robert Enrico, Pascal Jardin, Claude Veillot

    録音技師 :

    Bernard Aubouy

    製作部長 :

    Alain Belmondo

    スクリプト :

    Catherine Prevert

    作曲家 :

    François de Roubaix

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    戦争, 復讐

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    ドイツ, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (ドイツ, フランス)

    製作年 :

    1975

    フランス公開 :

    22/08/1975

    上映時間 :

    1 時間 43 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    44037

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.85

    Audio format :

    モノラル